« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月の3件の記事

2020年4月25日 (土)

人形の世界を人形が演じる。

人間の世界をリアルに描くのではなく、木のおもちゃの世界を木のもちゃが演じることにしたら、自分なりのアニメーションとの付き合い方ができたかと。本業の木の仕事から繋がって、ストップモーションアニメに出会ったのは42歳頃、木の仕事に行き詰まりを感じた時期を経て51歳の今、ストップモーションアニメの面白さを知り、可能性を感じ、新たな作品作りに意欲を持てるようになれたことはとても幸せなことだと思っています。

感謝しています。

ミラクルトイズ マスター アンド ドクター撮影中。

P4221297

| | コメント (0)

2020年4月23日 (木)

新しい形を模索

1名様限定の完全予約制の展示会(公演、映画上映)とか。時間指定されているし、その都度消毒とかすれば安心かも。て、ちょっと妄想してしまいました。。。予約入れてくれる人がいたらの話ですが。。。利益も出ませんし。

| | コメント (0)

2020年4月15日 (水)

メモがわり、ケセラセラ

メモがわり。

コロナウィルスが世界で蔓延して、日本も本格的に厳戒態勢って感じになってしまった。

緊急事態である。

そして、2ヶ月前くらいから、いつも製品を置いていただいているショップさんもお店を閉め初めて、徐々に休業するお店が増えてきた。

おそらく、そういうことで品物が売れなくなって、うちも注文がなくなってしまったと推察する。

まあ、これは全国的に同じような思いをしている人ばかりで、商売をしている人は、ほとんどそんな感じだろう。うちのような零細自営業は本当に緊急事態である。

さあ、ここからがどうなるかだ。

これを機会に、仕事を辞めるもよし、人生を考えるのもよし、しばらく休業するのもよし

しかし、必要なのはお金だ。

国の保証があれば助かるが、これからどのように手続きをしていくかも心配事である。

いざ、仕事が来なくなり、時間ができると、日頃からやりたかった映画作りや、作りたかったものもたくさんあるのに、今日はボーとして過ごしてしまった。

明日から気を引き締めて行かなければならないとも思うが、工房に来るか、自宅で作業をするの選択肢で、工房をとってしまう自分がいる。

本当は自宅で映画の作業をしたいと思うが、割り切ってできないものだ。

明日は明日の風が吹く、ケセラセラ。

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »