« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月の5件の記事

2019年12月26日 (木)

ネズミ制作中

2020年の干支はネズミということで、今年もギリギリになってネズミを制作しております。

Pc260912 Pc260913 Pc260914 Pc260915

こちらは12年前のネズミの図面です。

Photo_20191226192801

 

| | コメント (0)

2019年12月15日 (日)

ショルダーバッグのインナーケースは紙箱を利用した。

先日、新しいカバンを買った。古いカバンはカメラ用のバッグだったが取り外し式のインナーケース(インナーバッグ)がついていて使いやすかった。ということで、そのインナーケースを取り外し新しいカバンに換装したのだ。

だけど、インナーケースを入れても12センチくらいの隙間ができてしまう。

ネットでその隙間を埋める丁度良いサイズのインナーケースを購入しようとしたけど、ちょうど良いのがない。

と、いうことで、自作しようと思った。

思いついたのはナルカリクラフトの商品を入れる箱。

ちょうど良さそうなサイズの物がすぐに見つかった。カラリンカー犬の旧タイプの箱だ。

その箱に革のハギレを木工用ボンドで貼ってみたら、良い感じになったよ。

カバンはインナーケースを入れることで使いやすくなるますね😃

Pc150862 Pc150866 Pc150867


 

 

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

炎の中の動物たち!!


炎の中の動物たち!!

燃えよラクダ!!燃えよティラノサウルス!!

炎を見ていると前向きな気持ちになると聞いたことがあります。

燃えよリス!!

Pc120844 Pc120849 Pc120850

あ!!ティラノサウルスはいなかった。。。



| | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

人形アニメーション上映とワークショップイベントを行いました。

12月7日(土)、8日(日)に自分が監督した木の人形アニメーション映画とワークショップを組み合わせたイベントが終了しました。

Cig_img001

自分から声をかけた方が多かったのですが、来ていただいたお客様には心より感謝申し上げます。

まず7日ですが、こちらは「人形アニメーション上映とコマ撮り勉強会」と題し、18時から開始、約17分の「MIRACLE TOYS THE BAR 君に会いたくて」を上映して、その後に「コマ撮り勉強会」を開催しました。(一般参加者12名、マスコミ関係1名、スタッフ&ゲスト5名、 合計18名)

この「コマ撮り勉強会」は、私と有志でKISOアートアニメーションの会を立ち上げて企画したもので、初の試みとなります。

この映画の声優として登場していただいたNATSUKOBA氏に司会をお願いし、主人公の馬の人形役のやぎさんにもゲストとして参加していただきました。まだコマ撮り初級者と言っても過言ではない私が講師ということになりますが、これまで2作を作った経験と得た知識をお話して、皆さんに人形ア二メーションやコマ撮りアニメの楽しさが伝わればと思い行いました。

Cig_img003 Cig_img010 実際に使った人形とセットを配置して、機材やパソコンソフトなどのお話、参加者に人形を動かして撮影する体験をしてもらったり、裏話や今後の展望などをお話させていただきました。

Cig_img008Cig_img005

多くの皆さん楽しかったとの声をいただき、また、今後、一緒に制作することも視野に入れて、KISOアートアニメーションの会として次回の活動に続けていければと思っております。本当にありがとうございました。

映画も面白かったとの声をたくさんいただき、今後の活動へのモチベーションも上がりました。本当に感謝です。

 

 

12月8日(日)は「ふるさと体験館」の企画「木の人形を楽しむ 映画上映会&ワークショップ」を行いました。

●映画視聴、午前9名、午後10名※赤ちゃんも含む(午後は遅れて来た方もいましたので2回上映しました)

●糸操り人形ワークショップ:7組(8名)
Pb280789こちらは映画上映の後に「木の糸操り人形作り」のワークショップです。

実は木の操り人形はこれまで5体ほどしか作ったことがなかったので、こちらも、にわか講師で恐縮ではございましたが、これまで23年間木工と木のおもちゃを行って来たということでお許しいただければ幸いです。

人形は組み立てれば出来上がるキットを用意しました。

Cig_img018

参加者の皆さんには、まずはキットを綺麗に磨いていただき、そして組み立てます。

顔部分に手を加えてオリジナリティを出していただこうと思いました。

2時間で仕上げようと思っていたのですが、思ったよりも時間がなくて、結局1時間ほど延長しましたが、それでも、まだ顔の細部などを出来上がらず、持ち帰って仕上げていただくことになりました。

Cig_img027

でも、皆さん本当に楽しく作っていただき、人形の魅力ってすごいなあと改めて思ってしまいます。

短編映画だけを見ていただくと、17分で終わってしまいます。ですので、このようにワークショップと組み合わせることで、イベントとして良いまとまりになるかと思います。

映画だけの視聴の方もいたので、それぞれの都合で時間を過ごすことができるのもよかったと思います。

また、映画の舞台と人形を展示することで、より映画作りのことも見ていただけました。

自分も映画祭に参加するようになってから、新しい映画の楽しみ方を知ることになったので、同じような気持ちを参加者に感じていただければいいなという思いもあります。

映画上映会や映画祭では、映画を作った人の声が聞けたりします。また小さな映画上映会では、その空気感も楽しみの一つだと実感しています。

Cig_img011

全国で行われている自主映画祭のような、新たなイベントの楽しみ方が皆さんに定着すればいいなあ。

ということで、今後も映画上映を考えていきたいです。

 

追記:東京などの都会で、何かイベントを行おうとすれば、イベント後に他の用事ができたり、買い物ができたりと、そのイベント以外にお出かけするための要素がたくさんあります。しかし、木曽のような山中でイベントを行おうとすると、それだけのためにわざわざ出かけて来なくてはならず、また距離も遠く、時間も多く取られてしまいます。さらに夜のイベント、冬のイベントには、木曽のような極寒の地では、出かけるのさえ億劫になりがちです。そんな中でイベントを開催するにあたって、やはり、その地のマイナス点をプラスに変えていく工夫などが必要なんだなと思います。

より、皆さんが来て良かったと思うような、イベントにできればいいな。そのためには最大限できる力を盛り込み、来て良かったと思っていただく仕掛けつくりが必要です。

※画像はふるさと体験館スタッフからいただきました。

 

 

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

オリジナル

どこにでもあるデザイン品もいいけど

不器用でもいいから君のオリジナルを見せてくれよ

でも、実はオリジナルなどはこの世になくて

全てが、何かの影響を受けていることも知っている。

うむむむむむ。

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »