« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月の3件の記事

2019年10月31日 (木)

長野県木曽町で「木の人形アニメーション上映とコマ撮り勉強会」のお知らせ

人形アニメーション関連のイベントのお知らせです。019年12月7日長野県木曽郡木曽町「ふるさと体験館」にて18時〜19時30分予定

「木の人形アニメーション上映とコマ撮り勉強会」を開催いたします。

スタジオナルカリ制作の人形コマ撮りアニメーション「MIRACLE TOYS THE BAR 君に会いたくて」を上映して、終了後にコマ撮り勉強会を開きます。楽しくてためになる会をになればと思って企画しました。(詳細は下記のチラシを見てください)

人形コマ撮り映画を作りたいと思っても、なかなかきっかけが作れないかもしれません。木曽の田舎や長野県でコマ撮りに興味を持っている、そんな、あなたに来て欲しい。

私のコマ撮り技術は、正直言って、あんまり大したことないかもしれないです。でも、撮りたいという意欲があれば、なんとか映画を作ることができました。そして、コマ撮りで人形アニメーションを作ったことで、人生に新たな色をつけ、新たな目標もできました。木工を始めた頃は、映画祭に人形アニメを出品するなんて思ってもいなかった。

もしかしたら、あなたの人生も、コマ撮り映画で変わるかもしれませんね。

参加者募集しています!!

Photo_20191031082701 B5 A42_20191031082801

| | コメント (0)

2019年10月28日 (月)

木の人形アニメーション映画上映とワークショップのお知らせ


木のもちゃ製作から波及した新たな取り組みとして行ってきた木の人形アニメーション映画は、現在3作目を制作中です。3作目は、この春から夏にかけて完成予定となります。2017年に製作した2作目「MIRACLE TOYS THE BAR 君に会いたくて」も、いくつかの映画祭に出展して参りましたが、そろそろ上映していただく機会も少なくなり、今後、動画配信サイトなどで観てもらえればいいなあと思う中、12月に長野県木曽で上映を予定しております。
上映映画:MIRACLE TOYS THE BAR 君に会いたくて(上映時間17分)
日程:12月7日(土)の18時〜
   12月8日(日)の朝9時半〜、12時〜
場所:長野県木曽郡木曽町 ふるさと体験館きそふくしま 電話0264ー27ー1011
いずれの上映も、映画とワークショップを組み合わせたものになり、12月7日は「木の人形アニメーション上映とコマ撮り勉強会」と題し参加費一般700円・学生500円、映画鑑賞だけの参加も可能で映画鑑賞のみのお客様は200円としております。※問い合わせ予約はナルカリクラフト0264−36−3810、草刈携帯090−9818−1279となります。
また12月8日(日)はワークショップ「木の操り人形を作ろう」(10:00~12:00ワークショップ参加費1500円)と組み合わせた映画鑑賞もしており、こちらも映画鑑賞のみも可能で鑑賞料は無料となっております。9:00~,12:00~の2回。こちらの問い合わせは「ふるさと体験館きそふくしま」で電話0264ー27ー1011となります。
The_bara52019_20191028090501  
A42

| | コメント (0)

2019年10月23日 (水)

迷彩柄を考える

サッカーの日本代表のユニフォームが迷彩柄ということに賛否両論の意見がTwitterやネットなどで飛び交っている。

戦争をイメージするということに批判があるということだ。私は批判的なTwitterのコメントを多数目にした。

今、思えば自分も一度、冒険イベントの中でのコスプレで上着に迷彩柄を着て冒険家になったことがあった。このことがお客さんに戦争をイメージさせていたのかもしれなかったと思うと、正直、かなり悔しいし。不本意だ。

上着を迷彩柄にした理由は冒険家のイメージにしたかったからだ。よりわかりやすい服にしようと思い上着が迷彩だった。戦争をイメージさせようとは全く思っていなかったが、やはり、浅はかだったかもしれない。

自分はインディージョーンズのような冒険家のイメージでウッディジョーンズという役柄だった。カウボーイハットに迷彩柄の上着でベルトを上着の上からしてズボンはベージュの綿パンで長靴姿。これが自分がその時わかりやすいと思った冒険家ウッディジョーンズだった。

しかしだ、やはり見る人によっては、戦争を連想し、子供が集まるイベントにふさわしくないと思ったかもしれない。浅はかだった。

今回、サッカー日本代表の迷彩柄ユニフォームに対する批判を目にして、当時の自分を後悔した。当時そのイベントに参加した人が、私の衣装を見て戦争をイメージしたかもしれないと思うと、心が痛い。

 

後から追記:ちょっと待てよ、結局、昔買った狩猟用の上着があることに気が付いて、そっちを着たような気がしてきた。記憶が怪しい。最初のイベントで迷彩柄、次の大きなイベントで狩猟用の上着でコスプレだったかも。当時、もしかしたらと戦争を連想するかも?と少しは思ったと記憶する。周りの人の意見などを聞いたようにも思う。

 

しかしだ。私たちは、他人の意見に翻弄され過ぎている。

例えばTwitterで多い意見に翻弄されている。迷彩柄が戦争をイメージしていると意見があると、「ああ、確かに、かもね」と思うかもしれないが、もし、その多数の意見が、迷彩柄はカモフラージュだという意見が多ければ、「そうだよね。迷彩柄はカモフラージュ」だよねって、そっちの意見になるかもしれない。

俺はとあるカバンを持っていて、それは迷彩柄だ。しかし、その迷彩柄を購入した理由は、迷彩柄にしては品があり、鞄の形状や作りにマッチしていて、見たときに美しいと思ったことが理由で、迷彩柄マニアでもなく、あるいは戦争を連想させるからでもなく、ただただ、その迷彩柄が美しかったからだ。ショップで一目惚れして、一度買わずに帰ったが、ネットで買わずにわざわざ、もう一度現物を見にショップに行ってから購入した(高速道路利用で1時間以上かかる場所。田舎ですから)。他の色のと比較したけど、その鞄の形状は迷彩柄が特に格好よかったんだ。

ただ、サッカーの日本代表の迷彩柄には、あんまり良いとは思わない。もちろん主観だが、デザイン的に美しいとは感じないし、たくさんの人間が迷彩柄を着ると戦争を連想させるかもしれないとも、、、。知らんけど。

だけど、軍隊を持たない日本が、軍隊を持つ国々からどのように思われるのかには興味がある。

憲法9条は世界に類を見ない画期的な内容だ。(ロックのあの人も言ったと思うが)軍隊を持たず戦争をしない国だからこそ許されることもあるのかもしれないし、そのことに鈍感であるのかもしれない。わからんけど。

そもそも軍隊が存在しなければ、迷彩柄は草間彌生の水玉のように、象徴的なデザインの一つでしかないだろう。

そしてだ。Twitterで日本代表の迷彩柄ユニフォームの批判を目にした私は、これから迷彩柄を対して慎重になることは間違いなないだろう。

自分が美しいと思った迷彩柄の鞄はこれです。↓


 

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »