« ヒョコヒョコ人形が帰宅。 | トップページ | 地球にとって人間なんて »

2019年9月23日 (月)

夜空と交差する森の映画祭に行って来ました。

夜空と交差する森の映画祭
とても貴重な経験をして来ました。
P9210632 まずは絵本のようなパンフレットに驚くのですが、入場して森の中に作られている仕掛けがとても素晴らしかった。感動します。
Img_20190921_182522 そして、野外の映画祭に、これほどまでにお客さんが集まると言うのは、運営側の惜しみない「こだわり」だと思いました。
コスメブランドとコラボしたり、インスタ映えやお洒落感を醸し出し、映画以外に楽しめる仕掛けがいっぱいあります。会場には20代の女性のグループやカップルのお客さんが大多数だったのではないかと思います。ちなみに自分より上の年齢を見たのは1、2人くらいだったかな(笑)。

映画は4つの会場で観ることができ、劇場公開された長編作品と自主短編映画を59作品が上映されました。

Img_20190921_193827 虫の鳴き声が大きく会場に響き渡り、時折、風でスクリーンが大きく揺れます。芝生にシートを広げて横になり、映画を観る。そして、別会場に移動する中、小川の横の森の中から幻想的な音楽が聴こえてくる。まっくらの中に小さなランタンの明かりが灯され、皆、その明かりを頼りに会場を移動する。そして、お気に入りの映画を見つける。日常では経験できない素敵な時間です。

「MIRACLE TOYS THE BAR 君に会いたくて」は「まっくらのなか」と言う会場で無事に上映を終えました。

朝になると会場から出なくてはいけないので、テントの片付けなどで慌てましたが、素晴らしい映画祭に出会えてとてもよかった。そして、そこで上映していただき、本当にありがとうございました。

|

« ヒョコヒョコ人形が帰宅。 | トップページ | 地球にとって人間なんて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒョコヒョコ人形が帰宅。 | トップページ | 地球にとって人間なんて »