« 自然が僕にくれた柄 | トップページ | 作ることと拝むことは似ている気がした。 »

2011年2月18日 (金)

読んでも損はないと思います。

先日、この「続スポーツ解体新書」の著者の玉木正之さんがテレビに出ていて相撲の八百長問題についてコメントしていたのを見ていて、説得力のある意見だなと感じたので、この本を購入し読んでみました。
この本の相撲編のところは、最近の相撲の八百長問題について興味のある方は是非読んでもらいたいと思うのです。八百長問題や相撲のあり方について、しっかりと分析していると思います。
ワイドショーなどとは違った見解だと思うのでおすすめですね。
僕も朝青龍は好きで、彼のガッツポーズは良いじゃないかという意見だったのですが、この本を読んで、もっと内容を知った上で、いろんな角度から見る目を養わなければならないと思いました。
僕はここに書かれていることに好意的に感じています。
よろしければ読んでみてください。読んでも損はないと思います。

|

« 自然が僕にくれた柄 | トップページ | 作ることと拝むことは似ている気がした。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読んでも損はないと思います。:

« 自然が僕にくれた柄 | トップページ | 作ることと拝むことは似ている気がした。 »