« ナポレオンズのマジックで家族団らん | トップページ | ヒヒーンロボ フィギュア設計図 »

2010年6月27日 (日)

村おこしポイント制度を提案したいと思います。

提案書
村おこしポイントカードの導入について

草刈成雄

はじめに

 村内では村おこしや村の景観の整備等において、様々な団体や有志が活動していて村の発展や景観維持のために頑張っておられます。そういう活動に出席する人に対しての評価として「村おこしポイントカード」を発行してみてはどうかと思いました。出席したイベントや会議等で無償参加の出席者に対してポイントを与え、ポイントが溜まれば表彰されたり、あるいは、ポイントと賞品の交換を行ったりできます。個人で参加している皆様が村おこしなどの活動に対して、さらなる意欲や満足感を維持するために、このような目に見える評価があっても良いのではないかと思いました。

村おこしポイントカード発行のねらいと趣旨

 村おこしに関わるような活動は村内において、いろんな団体や有志において行われているが、その活動を行う人達への目に見える評価としたい。村おこしなどを行う個人の方が、このようなポイントを通し評価されることで、より活動への意欲や積極性、さらには満足感が養えるのではないかと思うのです。
 また、同じイベント等に関わる人の立場の違いがあります。例えば、役場スタッフ、企業の社員、NPOの職員、独立行政法人の職員、個人として、立場の違いは明確だと思います。

 職務として給与や報酬が発生する仕事としてイベント等に関わる人と、まったくのボランティア的な立場として関わる人がいますが、ある意味、公平さが欠けているとも言えるのではないでしょうか。

 もちろん、個人として村おこしに関わるものは、純粋にボランティアとして活動している人も多いと思います。そのような人は報酬が欲しくてやっているわけではないのでしょうが、広く無償にて村おこし等に携わる方、全般に対してその成果に何らかの評価を行いたいと思ったのです。

 あるいは、その努力に対する評価という形がなければ、成果が曖昧になり、村おこしへの希望を失うときが来るかもしれません。やる気や満足感を維持してもらうためにも、このようなポイントによる評価を提案したいと思うのです。

具体的にどのように村おこしポイントカードを発行するのか(案)

●ポイントカードの発行、及びポイントの加点については以下の団体等が、その権利を有する
・役場
・NPO法人などの団体=村からの委託を受けて、ポイントカードの管理等を行う。(※委託代金が発生。)
・ 公共性がある団体(ポイントカードの加入申込をして、且つ、認可された団体。):団体の代表者が出席者にポイントを加点することができる。(捺印、シール)

●ポイントが加点される活動
・無償の参加者がいるイベント
・ 役場主催の行事、及び役場が認可した団体が行う行事であること。
例)NPO法人が行う川の整備、マラソン大会などのボランティア、アンテナショップなどの出展者会議、村おこしイベントの企画会議など。
(※企画サイドだけでなく、イベントへの一般参加者にもポイントを加点してもよいかも)

●ポイントの管理
・ポイントカードの発行を許可されている団体は、活動毎にカードにポイントは捺印する。カードを忘れた人にはシールを発行して、後でカードに貼付けてもらう。
・ ポイントカードにポイントが溜まった場合はポイント管理者に申し出れば、賞品との交換などができる。あるいは表彰の対象となる。

● 賞品について
・ 賞品用のカタログなどを作成し、地元の特産品などを交換の対象とする。

●表彰について
・ ポイントが溜まった人を、新聞や会報などに掲載しその成果に対して高く評価する。

● 以下、ポイントカードの種類、デザインについて
・ 個人カードと法人カードの種別をする。
・ 洋服店や靴店等で発行されるような厚紙製のポイントカード。
・ ポイントカードの例を参考に。

ポイントカード例

Photo

以上のように考えましたが、このような「村おこしポイントカード」の導入を提案させていただきます。

このような取り組みが全国の市町村で行われているかどうかは知りませんが、木曽郡ではまだ行われていないと思います。

このような市町村が発行するポイントカードは人口が少ない村だからこそ出来る制度かとも思いました。村おこしの新しい取り組みの一つではないかと、勝手ながら考えてみた次第であります。

Photo_2


|

« ナポレオンズのマジックで家族団らん | トップページ | ヒヒーンロボ フィギュア設計図 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いいことですね、いわゆる地域通貨ですね、上田は紬の里てもあるので単位は「マーユ」カイコのまゆです。1マーユが1円相当らしいです。詳しい事は解らないですがボランティアに応じて加算され加盟のお店で使えます、ただし買い物した10%分だけとかですが。
木曽ですから10キーソとか1ヒノキとか?

投稿: 昔は村もおこした中村 | 2010年6月27日 (日) 16時20分

なるほど、1マーユですか〜。10キーソっていいですね〜。この提案がうまくいった場合には、キーソも提案してみますね//コメントありがとうございました!!(◎´∀`)ノ

投稿: ナルカリ | 2010年6月27日 (日) 18時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 村おこしポイント制度を提案したいと思います。:

« ナポレオンズのマジックで家族団らん | トップページ | ヒヒーンロボ フィギュア設計図 »