« 【組木パズル図面】丸形のパズル6種 | トップページ | 岡本太郎さんの「自分の中に毒を持て」は、何度も読み返したが、その度に俺を勇気づけてくれる。 »

2010年6月16日 (水)

ミャンマーの糸のこ一族16

マンダレーで面白かったの場所は、マンダレーヒルでもなく、シュエナンドー僧院でもなく、世界最大の経典クドードバゴダでもなく、マンダレーで一番面白かった場所は金箔工房から少し奥に歩いたところにあるライダーズショップと家具屋街だな。

マンダレーに到着して2日目は一番始めに金箔工房に案内された。ここは、日本でもよくある観光用に用意された展示場を見学することしかできなかった。

お土産品としても自分にはあまり興味はなかった。

ちなみに、ここでは金箔の張られていないウサギの木彫品を購入した。

金箔工房から外に出たら、道の向こう側にあるお店が気になった。道を渡って店を見ると蛇の皮で作った財布やベルトが販売されていた。どうやら、ここで作っているらしい。ミシンやら素材やらが置いてある。店のお兄ちゃんに頼んで工房も見せてもらったけど、ミャンマーの職人の匂いがするこの工房に作り手としては魅力を感じずにいられない。

Photo_2

「おお〜なんだ、ここ、おもしれ〜」と俺は思わず叫んでしまった。

そこからほど近い所に、別のライダーズショップもあり、どうやら街の奥にはいろんな店があるようだ。

この街おもしれ〜じゃん。

ライダーズショップは一見の価値があった。蛇やネコ皮が並んでいる。何やらのガイコツもあった。
ミシンが格好よく置かれている。

こうい街の中で作って売るスタイル良いなあ。

こんな感じで糸のこ工房もやったら面白いだろうな〜と思った。

裁縫用のミシンに出会う事が出来た。この旅の間に木工用の糸のこミシンにも出会うことができるのであろうか。

Photo_3


|

« 【組木パズル図面】丸形のパズル6種 | トップページ | 岡本太郎さんの「自分の中に毒を持て」は、何度も読み返したが、その度に俺を勇気づけてくれる。 »

ミャンマー旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミャンマーの糸のこ一族16:

« 【組木パズル図面】丸形のパズル6種 | トップページ | 岡本太郎さんの「自分の中に毒を持て」は、何度も読み返したが、その度に俺を勇気づけてくれる。 »