« イベント報告〜本庄工業(株)の木工フェア〜 | トップページ | グローバル精神 »

2009年8月27日 (木)

もしも糸ノコ平和党があったら。緊急会談。

※、以前「糸鋸党」と言っていたが「糸ノコ平和党」へ改名

こういう政治ネタをブログに書くのは、かなりドキドキものである。
というのは
糸鋸亭ナルカリを友好的に思ってくれていた人が
政治観の違い等で、離れて行ってしまうのではないかという思いからである。

世の中は矛盾だらけである。
その矛盾といかに付き合って行くかも生きるために必要なことでもある。

自分の思いは、すべて実践できるわけではない。それを成し遂げるには、もっともっと自分を磨かなければならないだろう。



衆議院選挙がまさに行われようとしている最中、エキサイティング森田氏の突然の来訪により、糸ノコ平和党の緊急会談が行われた。

環境問題や
政治家や公務員の汚職
税金の使い道 など

環境問題について
国民は、無駄なリサイクルを強いられているのではないか。ペットボトルのリサイクルは現状では、無駄に回収されているだけである。
ペットボトルや生ゴミは一般ゴミと一緒に捨てる事が理想であり、そうすることが、ゴミを分別するよりも、石油の使用量を抑えることができるという見解もある。本当に環境を考えるなら、ペットボトルの製造を禁止するべきである。
ペットボトルがお店に並べられてきた当初はペットボトルの500ミリリットル容器は製造できないように規制されていたが、リサイクル法などが出来たことで500ミリリットル容器の製造が認可されたように記憶する(※記憶違いならすみません)
本当に温暖化を防止したいなら、ペットボトルの製造をやめるべきである。あるいは製造元にペットボトルの回収の責任を任せて、リサイクルを推進するべきである。

ゴミの分別は他人への猜疑心やストレス、不信感を生み出す要因にもなりうる。

政治家や公務員の汚職については
地域の公務員がお金について、かなりいい加減であることが話あわれた。

国からの補助金は本当に有効に使われているとは思えない。
税金をもっと大切に使って欲しいなどの声があがった。

また高速道路の無料化は良いのか悪いかについても話し合われた。

木曽郡的には19号線の事故が減るのではないかというメリット
都会から地方への旅行などが増え、地方的にみたら、旅行客などの増加に伴い活性化がされるのではないかと思われる。
高速代金による税収が減った場合、その予算の穴埋めはという問題に対しては、
議員数を少なくしたり、無駄使いを少なくすることで、十分足りるのではないかという見解であった。
しかし、実際に数字で計算してみないと本当の答えではないということも、もちろん理解している。

しかし、最後には
経済を中心にものごとを考えるという政治から抜け出ない限り、環境を食い物にした経済対策はまだまだ行われるだろう、
ようするに、経済の回復とか、景気や不景気とか、そういうことが、国民や自分自身の幸せとは違うのだということを知るべきである。

真っ先に経済を考える政治から少しでも離れ、もっと、心の部分を考える政治を、これからの我々は考えるべきである。

良い大学に行って、一流企業なんて生き方は、これからの生き方ではない。

お金をいくら持っていても幸せでない人を見れば、お金が幸せとは関係が無いということに気がつくだろう。


糸ノコ平和党の会談は、電動糸ノコの話題には一切ふれられなかったが、しかし、この内容が、糸ノコと無縁であるとは我々は思っていない。すべてはつながっているんです。

全国的に政治が注目されている中

今日も木のおもちゃを作ります!!

|

« イベント報告〜本庄工業(株)の木工フェア〜 | トップページ | グローバル精神 »

糸ノコ平和党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もしも糸ノコ平和党があったら。緊急会談。:

« イベント報告〜本庄工業(株)の木工フェア〜 | トップページ | グローバル精神 »