日記・コラム・つぶやき

2019年9月 7日 (土)

打つ手なし?

Dsc_0175およそ22年間、木工、木のおもち業を営んできましたが、最近の口癖は「もうダメかもしれない」とか「もう限界だ」って言葉かも(笑)

ここ7年ほどは仕事が増えて、必死になって作ってきたけど、ここのところ体力が落ちて肉体的にしんどい。もちろん、仕事が増えても収入が大幅に増えるわけじゃなく。

余裕のない日々。それもわかって、これまでやってきたわけだけど。

そして8月が終わると、急激に注文が減ってきて、そしたら「もう、仕事が来ないかもしれない」って自信を失ってきたわけだ。

「なんとかなるさ」って切り抜けてきたわけだけど、ようようやばいって感じもある。

10年前、15年前のような、あのみなぎるパワーはどこに行ったの?

打つ手なし???

いや、やはりピンチはチャンスかな。

どうなるんだろ?

わかりませ〜〜〜ん。

| | コメント (0)

2019年5月13日 (月)

GW後のナルカリクラフト

ナルカリクラフトはGWは変わらず木のおもちゃ制作をしておりました。


GW後にお店のテラスを少しだけ拡張したので画像をアップしております。

日曜大工のような作業は結構楽しくて、まだ毎日少しずつ釘やネジを打ち込んだり、もっとテラスを快適にするために思案したりしております。

P5110004

昨日、制作したゲロゲロバーと、クワスタネットの画像も乗せておきます。

P5120009 P5120007 

| | コメント (0)

2019年4月 7日 (日)

第三の青春

末っ子が高校を卒業して大阪の映像系の専門学校に行くことになりましたが、もう、自分のことのようにワクワクしております。
もし、彼が木工を学ぶことになっていたとしても、こんなにワクワクはしなかったかも(笑)
 
自分が知りたくて知らないことを、彼が学んでそれを教えてもらいたいし、自分が人形アニメーションを作った経験も、彼にとってもプラスと働くかもしれない。
 
自分は大学を選ぶときに、映像か美術かと悩み、美術をとった。絵やイラストでは仕事につくことがなく、途中で木工という道を選び今は木のおもちゃ作家だ。
 
そして、自分も今は映像の世界に魅了されてる。コマ撮りアニメ映画ですっごい面白い作品をとって世界をあっと驚かしてうやるという夢を持っている。
 
そして今、彼のおかげで自分の夢も広がったわ。
 
彼の夢を大きくサポートしてやりたいし、彼に負けないように面白いものを作るぞって。
 
引越しを終えて、別れ際に彼が言った「第三の青春を楽しんで」と。第三か、、、。第二かと思っていた(笑)

| | コメント (0)

2019年3月17日 (日)

螺旋階段

人間の人生は螺旋階段のようなもので、同じことを繰り返しながら上に登っていくと聞くことがあるが、なるほどなと思う。

木工にしても、パフォーマンスにしても何度も繰り返したり、あるいは以前に作っていたものを新たに復活させたりとすることで、またパワーアップしたものが生み出される。

継続は力というのも頷ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 2日 (土)

年齢

50歳になって数ヶ月。微妙な年齢だなあ。心の中は若者なのに、世間からは初老と思われているに違いないと感じ。。。だが、まだ大きな夢と目標を持ち、、、。でも、同じようなことを40歳すぎにも思ったなあ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月24日 (水)

「今日から俺は!!」的な

「今日から俺は!!」的な

若き日の俺たち。みたいな。
今日の俺たち。
733

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

真実について

今まで我々は、テレビや新聞に多く取り上げられているものや人、有名なものだけが凄いという錯覚をしていたが、インターネットなどの普及で、それ以外にも凄いものや面白いものが世の中にはたくさんあることがわかってきた。

そのことは、年輩のものよりも、若者の方がより顕著に理解しているだろう。

規模がでかい。人気がある。大手である。大企業である。大組織であることは確かに力があるのだろうが、しかし、それが本当に凄いものであるのかどうかというのとは別の話だ。

また、逆に手作りだから、職人技だから、伝統工芸だからということで、その作られるものや人が本当に優れているかどうかは別の話だとも言える。

僕たちは、広告や宣伝、記事やニュースに惑わされることなく、自分が何をよしとしているのか、何が好きなのか、何が正しいのかを、自らが見て聞いて感じて、判断する必要があるのだ。

だから、自分が信じるままに生きることの中に真実がある。

だから、周りの風潮に惑わされることなく、生きることに自分の未来がある。

だから、ちっぽけであろうとも、私はこの手で木工品や、映画、漫画を生み出すことに真実がある。

評価を期待してはならない。

今、自分ができる全てを使って、新たな作品を生み出すことの中に自分がいるんだ。

真実はそこにある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月30日 (日)

破壊と創造

モノを作るという破壊から生まれる創造。そこからモノが生まれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

平和

世界が注目する国と国の代表者同士の会談。カメラの前に現れて握手を交わす二人。そこで、一人が「コマネチ!!」って、やったら面白いだろうな

平和な感じがする。

実際には、そんなことしたら、どうなるんだろう?

二人ともやったら、平和になるな、きっと。

格好いいよ。

いや、それができるからこそ平和なのかもしれないね。

「平和にしよう!」「コマネチ!」「コマネチ!」「平和!」

いい映画が撮れそうだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 6日 (水)

夢とイメージ

夢を見て、夢破れる。

夢破れて夢叶う。

しかし、その一歩を踏み出さなければ、夢は叶わない。

だけど、毎日を平穏に過ごすことこそ良いと言う人もいる。

それも、また確かだけど

その人はきっと、毎日を平穏に過ごす夢を見ているのだろう。

夢を叶えているのだ。

夢は無理やり見るものとも言える。

その瞬間をイメージできなければ実現はありえない。

僕は大きな舞台で、世界的な賞を獲るイメージを持つことにする。

そこに向かって歩むことにする。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧