パソコン・インターネット

2016年10月 4日 (火)

My Macのメモリ交換に挑戦!!

MacBook Pro (13-inch, Mid 2012)型番MD101J/A」のメモリ4GBから16GBに増設(交換?換装?)をしてみました。
そして無事にメモリの換装終了!!16GBになり、見違えるように速くなり、感動!!(v^ー゜)ヤッタネ!!

また、思ったよりもスムーズに、また問題もなく換装できたことに安堵scissors

実は、二日前にSierraにバージョンアップして、今までも遅かったマイMacintosh

Pa040060_1_2

がバージョンアップして、さらに遅くなってしまった。
これはいけないと思い、メモリの増設についてネットで調べて見ました。

すると、メモリを交換した人のblog数件に出会い、読んでいるうちに、これは自分もやらねばと増設を決意。

またAppleのサイトにも、「MacBookPro:メモリの取り外し方法と取り付け方法」というページがあります。

※公式では8GB(4GB)を二個とあるようですが、8GB二個の16GBでも大丈夫だということを知り(読み)、自分も16GBにすることにしましたscissors

そして、メモリを換装して、やって良かったという結果に!!o(*^▽^*)o

以下、その手順も自分も載せてみることにします。

※このブログを見てメモリ交換する人は自己責任にてお願いします。当方はいかなる責任も負いません。
まずは、たくさんの方がオススメしていたメモリをアマゾンで購入。注文後、一日で届きました。シリコンパワー ノートPC用メモリ  DDR3 1600 PC3-12800 SO-DIMM 8GB×2枚 永久保証 SP016GBSTU160N22

停電力タイプと標準タイプとあり、どちらにすれば良いのかと迷いましたが、自分は標準タイプを購入しました。

停電力タイプと標準タイプがあることは、購入後に気がつきました。レビューなどを読むと、停電力タイプの方が良かったのじゃないかと悩むことになりますが、届いた標準タイプ使用しました。
Pa040050_1

こちらも、皆さんオススメのドライバー。メモリと一緒に購入。アネックス(ANEX) 精密ドライバー プラス00×50 No.3450


Pa040058_1

さて、まずは、そのプラスドライバーを使いネジを取り外します。

Dsc_0008_1

これがネジ。ネジは無くさないように注意が必要です。どこの場所のネジかをわかるように板の上に並べておきました。

Pa040034_1
Pa040037_1

蓋を開けるとこんな感じ。

うわ!!細かいおがくずがいっぱい。

木工房で使っていると、こんなことになるのか、、、。

開いて見て初めてわかる。埃やおがくずは エアブラシで吹き飛ばす。

さすが、木工房!!

さあ、静電気に気をつける為に 金属部分に触れてからメモリ交換に入ることに
自分は、このTOSHIBAのハードの金属部分に手を触れました。↓

Pa040039_1
これが、メモリです↓
Pa040038_1

マイMacintoshはもともと4GBだったので、二つのスロットにそれぞれ2Gのメモリが入っているようです。上と下に入っている。

横のストッパーのようなところを外側に開いたら、上段のメモリが浮き上がった。
Pa040040_1

それを慎重に取り外す。

上のメモリを外したら、次は下段のメモリを外す。
(※下を外す方が難しかったようにも思う)

壊さないように、かなり慎重に(゚ー゚;

これが、取り外したメモリ↓
Pa040047_1

今度は新しいメモリを下段からはめ込む。この時にメモリの裏表に注意 w(゚o゚)w
Pa040055_1

慎重に作業を進める。

よく考えて、はめ込もう、無理して壊さないように。慎重に(゚ー゚;

Pa040054_1

おお、うまくはまった(^-^;

そして、しっかりはまっているかを、よく見てチェック。(゚ー゚;

蓋を元に戻す。
Pa040059_1

ネジを締めて
完了
Pa040060_1_3

思っていたよりも作業はスムーズに行きました(o^-^o)

そして、アップルマークの「このMacについて」をクリックしてメモリが換装されたかどうかのチェック。

Pa040067_2

ここまでの作業は問題なく完了しました。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

あとは、実際に使ってみるだけです。

あだ、交換してから、約8時間しか経ってませんが、問題なく使えてます。


すっごく速くなったので、メモリを増やして良かったと、素直に思いますヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)