グルメ・クッキング

2013年12月15日 (日)

晩酌をビールから日本酒にかえて約2ヶ月が経ちました

_0859晩酌をビールから日本酒にかえて、もう2ヶ月くらい経つと思います。今ではビールを呑みたいと思う日は、ごくたまにしかなくなりました。

もちろん、季節が夏であれば、もっとビールを飲みたいと思うのでしょうが、日本酒にかえたのが季節が秋から冬にかけてだったので、丁度良い具合だったのかと思います。

日本酒は体を温める飲み物といえます。その逆にビールは体を冷やす飲み物となります。

若い頃は日本酒が苦手だったのですが、この45歳にして、ようやく日本酒の味がわかってきたのでしょうか?それとも体質がかわってきたからでしょうか?

ちなみに、妻のおじさんは毎日、養命酒をおちょこ一杯飲んでいるようで、これをずっと続けているせいか、80歳中場近くになると思いますが、元気で動き回っています。

お酒は飲み方次第で毒にも薬にもなるということでしょうか。

自分は毎日、少し大きめのおちょこで一杯か二杯呑みます。ときどき、3杯目4杯目といっちゃいますが、まあ、さほど飲み過ぎる方ではありません。

日本酒好きになったきかっけは、今年の4月に東京でのイベントに行ったときに、同行していた人が酒好きで、その方から日本酒の魅力を教わったような気もしますが、そのとき呑んだ冷酒の美味さを知ってから、自分の日本酒への興味が出てきました。

_0096そして、10月に呑んだ知多半島の原田酒造合資会社の「若水」という酒が自分の体にぴったりときたような気がして、それ以来、日本酒への興味が倍増しました。 

ビールから日本酒に代えて良かったと思うことがいくつかあります。

一つはビールを呑んでいるときはお腹が下痢っぽかったですが、お酒に代えてからそれがなくなりました。

もう一つは、気のせいかもしれませんが、腰の横の贅肉がとれてきたような気がします。ビールのときは、つまみを多く採りすぎてしまうような気がしています。

酒人生の半分はビールで過ごしたような気がしますが、これから先は日本酒を中心にした酒人生になるのでしょうか?それはわかりませんが、今は、日本酒を冷酒で呑むのが好きですよ〜☆

原田酒造合資会社の若水をもう一度取り寄せて呑んでみたい〜☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)