アニメ&映像

2017年9月12日 (火)

木の人形アニメの特設サイトを制作しました。

木の人形アニメの特設サイトを制作しました。
新作の「MIRACLE TOYS THE BAR 君に会いたくて」のキャストの紹介などもあり、楽しんでいただければと思います。
http://narukari.com/miracle_toys/index.html

20170912_221211

20170912_221111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

ダンケルクを観た

久しぶりに映画館で映画観た。
ダンケルク→映画予告編


クリストファー・ノーラン監督
この監督の映画「ダークナイト」と「インターステラー」はすごい映画だ。

戦争映画が見たいってわけではないのだけど、映画のWebページ読ん出たら見たくなった。

なんてったって「ダークナイト」と「インターステラー」の監督なんだからと思ったからだ。

今回、ダンケルクを見て思い出したのは「ダークナイト」の音楽
音楽の製作者については調べてないが、緊迫感を与えるような重たい音の曲が、この監督の好みなのだと感じる。

映画は、逃げるってことや、救うってことだけの内容なんだけど、引き込まれ、夢中になった。まるで、自分がその中にいるように。

やはり、映画っていうのは、こういうことだ。過去の作品を追尾するのではなく、新たな映像を探ることってのが必要だ。

刺激になった。

だけど、やっぱり「ダークナイト」や「インターステラー」の方が面白かった。好みもあるからね。

俺も次回作を撮らないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

人形アニメ「Miracle Toys  THE BAR」を作るようになって思うこと

人形アニメ「Miracle Toys  THE BAR」を作るようになって思うことは、一つの作品を作ることで、多くの楽しみ方ができるという実感でした。

人形作りに始まって、舞台セットや小物作り。映像部分のコマ撮り撮影、編集作業。アフレコや音入れ。音楽制作。

今は、英語に翻訳して字幕の作成(翻訳が正確にできているかどうかは別とし)。

もちろん、ストーリーの創作を忘れてはなりませんね。

20170616_30440


20170616_25113

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

撮影再開

ミラクルトイ「THE BAR」の撮影を再開しました。
工房横ショップに設置していたセットを自宅に移したことで、撮影再開となりました。

スタジオ建設も夢見ましたが、予算のことを考えると停滞してしまい、このままだと意欲が薄れてしまいそうでした。

簡単なことです。今、できる範囲で全力を尽くすことでいいんです。

1486193345179.jpg

少し寝不足気味になってしまいます。

基本、撮影は工房から自宅に帰って、夕食を食べてからになります。

結構、順調に進みました。

1486193346248.jpg

1486193346848.jpg


1486193347464.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月28日 (月)

バケモノの子に感動!!

昨今、アメリカ映画はアクションやSFが主流、日本映画は気持悪いのかラブコメディが主流のような気がする。

そんな中、三男と一緒に見た「バケモノの子」は、そのような作品とは一線を画す作品だ。他に類をみないストーリー展開。

どうして、こんなに面白いストーリーが作れるの?泣けたわ。
俺も、トイズバー撮らねば。

いつになるやら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月24日 (火)

ラブ&ドラッグ

ラブ&ドラッグ
iTunesの配信でレンタルして観た
すごく良かった。

みんなにも観てもらいたい映画だなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

おまえはいったいどっからきたんだ

お正月に、「トイズバー」のセットの製作を再会しようと思ったけど、体調不良のため、結局、寝正月みたいになってしまって、何も進まずに過ぎてしまった。
この映像は、1ヶ月くらい前のものかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

木のおもちゃの世界ではごっこ遊びが大切なのだ

_0307 木のおもちゃの世界では、想像力が重要だ。

これはスタジオナルカリが製作する自主制作映画「トイズバー」の物語の世界だが、木のおもちゃは酒も飲めなければ、御飯も食べれない。なのに、バーではその酒が出てくる。

そこでは、木のおもちゃ達は想像力で食べたふりをするわけだ。

想像して食べる。

あたかも小さな子供達がままごとで御飯を食べるふりをするような感じだ。

そして、トイズバーの物語に銃が登場する。

実際には弾が飛び出す事はないのだが、心の中で撃つ事で弾は飛び出す。

これも、あたかも、子供達が西部劇ごっこをするような感じだ。

その、ごっこ遊びが木のおもちゃの世界では大切なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

スタジオナルカリのトイズバーのセットは、結構、大きいのです。

トイズバーのセットが形になってきて、次回作のイメージが膨らんできます。

結構、大きいので、置き場に困っています。まだ作っている途中なので、分解したり組み立てたりできますが、撮影が始まったら、そうはいかないです。

冬場はお客さんが少ないので、店の方をスタジオとして使おうかとも思ったりも、、、。

_0512

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 3日 (日)

トイズバーで働くウェイトレス&歌手のミーコの歌はいつ聴けるのか?

ステージに立つ女の子はミーコと言います。トイズバーのウェイトレスであり歌い手でもあります。

ミーコは次回コマ撮り映画において重要な役割のある女の人形です。

まだ、彼女の声の役は決まっていません。ギターが弾けて歌が歌える子が理想ですが、ギターが弾けなくても歌が歌える子で、この声の役をやっても良いって人であれば、十分です。
_0507

以前に、このミーコの声ですが、自分の声にエフェクトをかけて使った事があります。ヘリウムボイスってやつです。Appleのソフト「ガレージバンド」の機能です。

どうしても声の役が見つからないときは、そういう方法も仕方が無いと思いますが、なんとか良い人を見つけたいと思っています。

心当たりが有る方がいたら、ご連絡ください〜☆
※オーディション(面接)有り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧