« 陣馬形山登山 | トップページ

2017年5月16日 (火)

にゅう登山

2017年5月15日 
北八ヶ岳の「にゅう」に登ってきました。

今回は白駒池からにゅう山頂を目指し中山、高見石経由で白駒池に帰って来るコースを選びました。

白駒池の登山口
8:00出発


ここに駐車場があって、有料で500円です。朝7時40分頃には、まだ係員が来ていなかったので、自動車のナンバーを封筒に書いて500円玉を入れて受付のポストに入れて来ました。
P5150223
今回、少しカメラの設定を間違えていたので、ピンボケ気味からスタート。

P5150227

残雪の残る遊歩道を歩いて行きます。

P5150229

P5150232

白駒池です。


P5150237
8:23 「にゅう」は「乳」と書くのですね。今、気がつきました(笑)

P5150238

P5150241_2

「にゅう」に向かって山に入って行きます。

P5150242
白駒湿原。

P5150247

9:00 登山口から1時間くらい歩くと、この看板のところに来ました。

P5150248

こんな登りが続きます。アイゼンがなくても登れますが、アイゼンを付けたり外したり、最初は色々と試してみました。

P5150249

P5150251

苔が綺麗です。

P5150255

P5150261
明るい光が!!間もなく「にゅう」山頂です。

P5150263

9:50 にゅう山頂着

ここに来ると、風がゴウゴウと吹いていて、油断すると吹き飛ばされそうな気がしました。少しの危険を感じながらも、慎重に「にゅう」の山頂への岩のガレ場を登りました。

P5150268

P5150278

天狗岳。ここは、今度登るぞ。

P5150272
白駒池も見えます。

P5150269
あんまりにも風が強くなって来たので、写真を撮ったりして20分ほどウロウロとして退散。
危険を感じるほどの風でした。


雲行きもどんどん悪くなって来た。雨も降るのか、、、。

P5150280
中山峠に向かう

P5150283

時々、足が雪の中にはまります。ずぼ。。。膝くらいまで。

P5150285

P5150291
11:17 風がさらに力を増して、吹き飛ばされるのじゃないかという危険を感じるので、すぐに退散。

P5150296

中山展望台。ほとんど曇り空。それよりも風が強すぎて、不安を感じる。早く降りよう。

P5150302

樹林帯の中を歩いていても風がゴウゴウと激しく吹く音。
雪も多く残っていて、歩きにくく、足が雪の中にはまりまくる。

もう、苔の写真を撮るしかない(笑)

P5150304

P5150307

このあたりは、雪のない時期の方が楽しめるのだろうなと思った。

P5150309
13:00 単調な雪道を歩き、ようやく高見石小屋
ここまで、誰にも会わなかったが、ようやく、小屋から出て来た数人のグループに遭遇。

P5150311

高見石からの展望も、風が強すぎて楽しめない。でも、白駒池が綺麗。

P5150317_2

P5150325

もののけ姫の森のようあ雰囲気

P5150319

苔を楽しむ。

雨も散らついてきましたが、すぐに白駒池に着いたので安心しました。
登山口についたのは13:54

受付のおじさんに朝、代金を入れたことを確認。

中山峠から登山口への帰路の雪がとても歩きにくく辛かった。晴れていて、風がなければ楽しかったとは思います。

今までの登山は、ほぼ天気に恵まれていましあが、今回は風、雲、雨と、様々な天候も経験。

8時00分白駒池登山口→高見石にゅう分岐8時23分→9時にゅうの森看板→9時50分にゅう山頂休憩20分→11時17分中山峠→11時50分中山展望台→13時00分高見石→13時54分登山口着

約6時間の山歩きでした。
 

|

« 陣馬形山登山 | トップページ

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501984/65285562

この記事へのトラックバック一覧です: にゅう登山:

« 陣馬形山登山 | トップページ