« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月の5件の記事

2017年2月28日 (火)

北横岳

2016年、48歳にして初めて、登山への興味を持った自分である。

蓼科周辺の滝や遊歩道歩きをしたことで登山への興味が増して、靴やウェアも少しずつ揃えて、2017年は近くの山を登るぞと楽しみにしている段階です。

登山に興味を持ってからすぐに冬に突入したため、まだ、ほとんど登山らしい事はしていないのですが、ようやく北横岳という八ヶ岳の山に登ることができました。

雪山の登山は危険ということで、冬の登山は断念しようと思っていたところに、北八ヶ岳に北横岳という初心者でも登りやすい山があることをネットで情報を入手して、思いを巡らすこと2ヶ月あまり、ようやく北横岳登山をすることができました。

ネットには初心者向けと書いてあるが、もし登山中に雪が降ったらとかガスが出てたらとか、ほとんど登山をしたことがない自分はちょっと緊張気味。

予定していた2月27日は、家を出て運転中は八ヶ岳の空は曇っているような感じだったんで、心配しておりましたが、近くに来ると雲はなくなり、晴れ間が全体に広がり超快晴となったのです。

10時に八ヶ岳ロープウェイ山麓駅発に乗って山頂駅に到着。簡易アイゼンを装着して坪庭を左回りすると5分ほど(?)で登山口入口の看板が現れ左に折れます。
少し歩くと樹林帯に入り、山の中に突入。

道にはポールやロープが張ってあるし、その日はトレースもしっかりとつていたので、とても歩きやすく、道を間違うという心配はなかったです。

P2270026

時間をきっちりと計ってませんが、1時間くらいでしょうか?北横岳ヒュッテにやってきました。

それまで何度か小休憩をしていたので、北横岳ヒュッテでは休憩を取らずに、そのまま北横岳山頂に向かって歩くこと30分くらい?かな。北横岳南峰に到着です。

Pic_0034


P2270043

Pic_0033

御嶽山が見事に綺麗に見えました。
(ビデオカメラで撮ったカメラ画像は少し色が落ち着いてしまいます)

Pic_0031


南峰でちょっと景色を楽しんでから数分歩いたら北峰に到着。

P2270035

ここから見る蓼科山は絶景。

P2270030

北横岳から見る景色は奥行きが感じられるというのでしょうか。蓼科山近くにそびえて、その奥に北アルプスや御嶽山が見える景色は奥行きのある風景という印象を持ちました。

急勾配の下りは、転ぶと危険ですね。ゆっくりとしっかりと歩きましょう。転んでお尻をついたら滑り落ちてしまいます。

Pic_0037

今回は北横岳の往復のみとしましたが、快晴に恵まれ景色は絶景。ですが、歩行距離と体力的には、少し物足りなかったです。次回行く時は、北横岳周辺の別のコースも織り交ぜて、もう少し距離を伸ばしたトレッキングを目指してみます。

これは、その日泊まった蓼科温泉ホテル親湯の部屋から見た北横岳。↓

Pic_0040

蓼科温泉ホテル親湯は手頃な価格で泊まれるホテルで、温泉は熱すぎず、長く浸かっていられる湯加減でした。宿泊客貸切露天風呂が無料です。創作料理がおすすめ。
従業員の方が皆笑顔が素敵な方ばかり、丁寧に接客してくれますよ。
妻はアロマテラピーエステに満足しておりました。



こっちは、次の日に別の場所から撮った北横岳と蓼科山↓

P2280046

(今回の登山で、自分が使用したアイゼン1。しっかりとホールドされて使いやすいので、オススメ)


(下は妻が利用したチェーンスパイク。チェーンスパイクは2個買ったが、こちらのチェーンスパイクの方がおすすめ。がっちりとしている印象)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

善五郎の滝

自宅から約1時間15分くらいのところにあります。
乗鞍高原です。

トレッキングをするようになってから、このような滝があることを知りました。これは行ってみたいと思って、今回はちょうど、仕事が休みで家に帰ってきてた長男を誘って一緒に行きました。

P2130348




長野県では、このような景色は結構見ることができるのですが、これを氷瀑というらしいですね。ここの氷瀑は見事でした。

P2130351

歩くには短い距離でしたが、このような光景はなかなか見れないので、来てよかった。長野に移り住んで22年くらいになりますが、このような氷瀑は初めてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

鷲ヶ峰スノーシュー&カンジキ

久々に歩いてきました。

今回はスノーシューでの遊歩道山歩き

八島ヶ原湿原入り口から鷲ヶ峰山頂へのちょっとしたハイキングです。往復2時間の雪山歩きとなります。

秋に八島ヶ原湿原から車山肩まで歩いて一周したことがあり、今回は違うコース。軽い登山的な感じです。

実際はスノーシューがなくても軽アイゼンくらいがちょうど良いのかな?よくわかりませんが、遊びに来ていた他の人たちも皆スノーシューを履いていました。


Kimg1391

スノーシューと言っても、私はカンジキです。

Kimg1401  

このカンジキは7、8年くらい前のカンジキ作り体験教室で作ったものです。履くのは2回目となります。紐の結び方を忘れてしまい、結ぶのに少し手こずりましたが、なんとか自己流で結んで、うまくいきました。

Kimg1402

これは買ったばかりのスノーシュー。妻に履いてもらいました。比較的安価なものですが、十分用が足ります。

DOPPELGANGER OUTDOOR アルミ合金スノーシュー キャリーバッグ付属 【バランスの良い25inch】 SW-10B



奥に富士山が見えます。
実際は画像よりも綺麗に見えました。

Kimg1406_2

天気も良くて、比較的暖かかった。風が強い時もありましたが、特に問題なし。

Kimg1400

樹氷

Kimg1399

とにかく楽しかったです。

自分たちにはこれくらいのコースが調度良いのかも。また、軽く歩けるコースを見つけて、行ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

撮影再開

ミラクルトイ「THE BAR」の撮影を再開しました。
工房横ショップに設置していたセットを自宅に移したことで、撮影再開となりました。

スタジオ建設も夢見ましたが、予算のことを考えると停滞してしまい、このままだと意欲が薄れてしまいそうでした。

簡単なことです。今、できる範囲で全力を尽くすことでいいんです。

1486193345179.jpg

少し寝不足気味になってしまいます。

基本、撮影は工房から自宅に帰って、夕食を食べてからになります。

結構、順調に進みました。

1486193346248.jpg

1486193346848.jpg


1486193347464.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

娯楽を作る。

映画やドラマを見ていて、その映画やドラマから何を感じて、どういう効果があって、どういう意味があるのだろうて考えることがある。 空想のストーリーに何の意味があって、何を求めているんだろうとか。映画を見ているときは感動して、その映画の主人公の気持ちに寄り添ったりしているんだけど、映画館から一歩外へ出て、スーパーでも買い物をしている間に、ほとんど内容も飛んでいっちゃって、だったら、そこに何の意味があったんだろうって。
まあ、いろいろ考える。娯楽という言葉で片付けてしまえばそれだけだ。ある意味、人生そのものも娯楽なのかもしれないじゃない。 いや、人は生きるために生きている。 全てが生きるために生きているのだとすれば、娯楽は生きるためにある。 なくてもきっと構わないんだろうけど、それがないとバランスが悪くなって生きにくくなる。 だから、そこに意味を求めてはダメなのかもしれない。 自分も作りたいから作る。 それで、良いのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »