« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月の14件の記事

2016年10月28日 (金)

猫の引き車

新作です。

顔に凝りました。

猫です。

Pa250080

Dsc_0114

| | コメント (0) | トラックバック (0)

切り絵

木工や仕事から離れて、ものつくりをするということから、、何か刺激を受けたような、そんな気持ちもあります。

し ん せ ん

公民館の切り絵教室にて、切り絵二点。初めて地域の文化祭に出品しましたcapricornus

Pa280084

Pa280082

Pa280083

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月27日 (木)

横谷渓谷

蓼科の横谷渓谷に出かけた。

妻と二人だったが、どこか歩くのに良い場所はないかと探し、また温泉も入りたいという選択肢もあったので、温泉と遊歩道がほど近い場所を探して選んだ場所が横谷渓谷だった。
最近、少し歩きたい気持ちになる。体を動かさないといけないという、何かそういう気持ちが、どこからともなく湧いてきてている気がする。

横谷渓谷の遊歩道は、ちょっとした登山のようで、結構良い運動となり、また景色も楽しめた。展望台までの登りの最後の方は、運動不足の我々にはかなりきつかった。

景色的には横谷渓谷の駐車場から歩いて一番近い滝の乙女滝が好みだったhappy01

Pa240049
紅葉も綺麗な箇所があった。天気も良かったsun

Pa240053_1
時々、水の滴っているところがあり、そういうのも面白かった。

Pa240058

Pa240065

展望台からの眺め。御嶽山も見えたよcat

Pa240076
散歩と軽い登山を堪能した後、「蓼科グランドホテル滝の湯」の日帰り湯へ。

料金は1500円と少し高めだけど、ここの「棚の湯」をネットで見たら、入りたくなったので、行って見ました。

棚の湯は新しくできたばっかりのようで、広くて四角い風呂は、他の入浴施設には無い雰囲気のもので、設備も行き届いているにも関わらず、大自然とマッチしたものだった。

泉質もよいのだろう。すごく体が温まった。

お風呂から渓流が見れて、ゆっくりと浸かれるお風呂です。

特に、妻が喜んでいたのは、ブース式の洗い場やスチーム洗浄?(スチームで顔を洗浄するのがあったとか)とかサウナ(ミストサウナ?よくあるサウナとは違う)また、化粧水のようなものが、すごく良いものを使っていると言っていた。

風呂から出てからの、休憩施設も設備がよく。リクライニングチェアとオットマンはくつろげた。

200円のマッサージチェアも楽しんできました。

1500円の価値があった(v^ー゜)ヤッタネ!!

次回は泊まりでと思ってますo(*^▽^*)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月19日 (水)

雪ダルマのガラガラ

Dsc_0017
Dsc_0020
Dsc_0019


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月15日 (土)

炎、形、木

動物を切り抜い後には、このような端材が残ります。

うちでは、それを薪ストーブの燃料として燃やしています。
こうやって、動物の影となった形が燃えていると、何か、すごく、炎の持つエネルギーのようなものを、より一層、感じるのです。

実際に目の前で燃やしているときは、そうは感じないのですが、こうやって画像で見ると、動物の影の形を燃やすことが、いけないものであるかのように、自分には伝わってきます。

炎、形、木

すごくて、好きだ。

Pa150031

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月14日 (金)

挨拶

挨拶の大切さっていうのを考えていた。

わかったことは、挨拶をするということは、その挨拶をされる相手の存在を認めるという、初歩的な表現なのだと思った。

挨拶をして、相手が挨拶をしてくれなかったら、どうなるだろうか。

きっと、無視された、相手にされていない。バカにされた、と、自分は思うに違いない。

挨拶をしっかりするということは、相手の存在を認めるということで、ひいては、相手に敬意を表し、礼を尽くすということだ。

こんなシンプルなことだったのか。

言葉をかけられたら、言葉を返す。

そこから信頼関係も生まれ、それが無いということで、信頼を失うということに繋がるのかもしれないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月12日 (水)

ネズミどしの時に描いた、ネズミの組み木のデザイン画です。

パソコンで線を修正したので、時期外れはありますがアップしてみました。

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月10日 (月)

それが人生だ

先駆者を目指すことだ

その一歩を自分が踏み出すのだという気持ちを持つことだ。

師を持たず、弟子を持たず

目の前の一歩を踏み出すことだ。

それは冒険ではない。

それが人生だ。

比較はするべきではない

師を持つということは比較だ

だが、それは人を尊敬しないわけではない

大切なのは、常にニュートラルであるということだ

誰の上にも立たず、誰の下にも立たない。

しかし、人を敬い。人に礼を尽くし。愛し、真摯に生きる。

誰かの後を追うのではなく。

ただ、その一歩を自分が踏み出すということだ。

それが人生だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金)

まっすぐに生きろ!!

人間的に面白い人というのは

要領よく生きている人のことではない。

不器用でも一生懸命生きている人なんだ。

俺は、そんな奴を何人も知っている。

見ていればわかるんだ。

うまく得しようとするんじゃなくて、まっすぐに必死で世間にぶち当たっている。

俺は、そういう奴が好きだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

積み下ろせ

Dsc_0845 人間は年をとると偉そうにしたいと思ったり、それ相応な地位につきたいと思ったり、年齢を理由に、これまでやっていたことを遠慮したり。そうなりがちだ。

と、言うのも、自分自身も48を目の前にして、そんな自分を少しだけ見てしまっているからだ。

そうなりたくはないと思いながらも、若かった頃の勢いを封印しようとしたり、あるいは、バカバカしいような全力の行動を抑えようとしたり、そんな自分を時々見てしまうからだ。

だが、自分よりも10も20も上の人で、親しみを持ってこちらから接したいと思う人には、なぜか、そう言う雰囲気が全くない。

要するに年の差を感じさせない輝きがあるんだよね。

人間は年をとると社会的地位や名誉を欲しがるんだよね。もう、そうなったら終わりだ。

年をとればとるほど、地位や名誉、年相応、そんなものを捨ててしまうべきなんだよ。

そこから、またスタートだ。

自分が背負っているものを積み下ろし、身軽になり、自由になる。

年を忘れろ!!

俺は、これから若返っていくことにする!!バキューン!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 6日 (木)

木祖村アートフェスタ10月8日、9日がメイン〜16日まで

昨年、10回続けた糸ノコおもちゃコンテスト&フェスティバルが最終回となりましたが、実行委員会自体はまだ、解散したわけではなく、今年は別の形で糸ノコや木のおもちゃ、木育を題材としてイベントをすることに。

Pa060082_2
今回は、木祖村アートフェスタと題したイベントの中に組み込んでいただきました。

内容は糸ノコ体験や、これまで、糸ノコおもちゃコンテストに出品してくれた人に協力をいただき、木のおもちゃの展示を行います。

そして、ナルカリクラフトの工房も、一つの展示場所として、このアートフェスタに組み込んでいただきましたヽ(´▽`)/

以下、資料です。







Pa060083_2
過去の大賞受賞者様の作品展示、ワークショップもありますよ

Pa060085
ナルカリクラフトのお店や工房の見学も来てください。

Pa060086
スケジュールを間違わないように


Pa060087

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OLYMPUS PEN E-PM2

実は、このカメラ、数年前に@niftyフレッツの光の契約時に、入会時の特典としていただいたものです。

当時はNikonのD5000を使用していて惚れ込んでいましたから、このカメラはほとんど使うことなく眠っておりました。

最近、ビデオ撮影をしなければならない機会があり、数台のビデオカメラが必要だったので、このカメラもビデオカメラとして利用しましたら、すごく使いかってが良かった。パワーを発揮し、美しいビデオ撮影ができました。

それ以来、このカメラは通常撮影にも利用するようになりましたよ(◎´∀`)ノ

軽いので持ち運びも良い。また、デザインが格好いい。
Eye-Fiカードを取り入れて、普段使いにも利用するようになりました( ^ω^)おっおっおっ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 4日 (火)

「糸鋸寿司」紹介ビデオ

今まで、糸鋸寿司をイベント会場でやっている様子のビデオを、ちゃんと撮ってなかったですが、ようやくビデオを撮ってもらい編集しました。

糸鋸寿司とは、こんな感じですヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

My Macのメモリ交換に挑戦!!

MacBook Pro (13-inch, Mid 2012)型番MD101J/A」のメモリ4GBから16GBに増設(交換?換装?)をしてみました。
そして無事にメモリの換装終了!!16GBになり、見違えるように速くなり、感動!!(v^ー゜)ヤッタネ!!

また、思ったよりもスムーズに、また問題もなく換装できたことに安堵scissors

実は、二日前にSierraにバージョンアップして、今までも遅かったマイMacintosh

Pa040060_1_2

がバージョンアップして、さらに遅くなってしまった。
これはいけないと思い、メモリの増設についてネットで調べて見ました。

すると、メモリを交換した人のblog数件に出会い、読んでいるうちに、これは自分もやらねばと増設を決意。

またAppleのサイトにも、「MacBookPro:メモリの取り外し方法と取り付け方法」というページがあります。

※公式では8GB(4GB)を二個とあるようですが、8GB二個の16GBでも大丈夫だということを知り(読み)、自分も16GBにすることにしましたscissors

そして、メモリを換装して、やって良かったという結果に!!o(*^▽^*)o

以下、その手順も自分も載せてみることにします。

※このブログを見てメモリ交換する人は自己責任にてお願いします。当方はいかなる責任も負いません。
まずは、たくさんの方がオススメしていたメモリをアマゾンで購入。注文後、一日で届きました。シリコンパワー ノートPC用メモリ  DDR3 1600 PC3-12800 SO-DIMM 8GB×2枚 永久保証 SP016GBSTU160N22

停電力タイプと標準タイプとあり、どちらにすれば良いのかと迷いましたが、自分は標準タイプを購入しました。

停電力タイプと標準タイプがあることは、購入後に気がつきました。レビューなどを読むと、停電力タイプの方が良かったのじゃないかと悩むことになりますが、届いた標準タイプ使用しました。
Pa040050_1

こちらも、皆さんオススメのドライバー。メモリと一緒に購入。アネックス(ANEX) 精密ドライバー プラス00×50 No.3450


Pa040058_1

さて、まずは、そのプラスドライバーを使いネジを取り外します。

Dsc_0008_1

これがネジ。ネジは無くさないように注意が必要です。どこの場所のネジかをわかるように板の上に並べておきました。

Pa040034_1
Pa040037_1

蓋を開けるとこんな感じ。

うわ!!細かいおがくずがいっぱい。

木工房で使っていると、こんなことになるのか、、、。

開いて見て初めてわかる。埃やおがくずは エアブラシで吹き飛ばす。

さすが、木工房!!

さあ、静電気に気をつける為に 金属部分に触れてからメモリ交換に入ることに
自分は、このTOSHIBAのハードの金属部分に手を触れました。↓

Pa040039_1
これが、メモリです↓
Pa040038_1

マイMacintoshはもともと4GBだったので、二つのスロットにそれぞれ2Gのメモリが入っているようです。上と下に入っている。

横のストッパーのようなところを外側に開いたら、上段のメモリが浮き上がった。
Pa040040_1

それを慎重に取り外す。

上のメモリを外したら、次は下段のメモリを外す。
(※下を外す方が難しかったようにも思う)

壊さないように、かなり慎重に(゚ー゚;

これが、取り外したメモリ↓
Pa040047_1

今度は新しいメモリを下段からはめ込む。この時にメモリの裏表に注意 w(゚o゚)w
Pa040055_1

慎重に作業を進める。

よく考えて、はめ込もう、無理して壊さないように。慎重に(゚ー゚;

Pa040054_1

おお、うまくはまった(^-^;

そして、しっかりはまっているかを、よく見てチェック。(゚ー゚;

蓋を元に戻す。
Pa040059_1

ネジを締めて
完了
Pa040060_1_3

思っていたよりも作業はスムーズに行きました(o^-^o)

そして、アップルマークの「このMacについて」をクリックしてメモリが換装されたかどうかのチェック。

Pa040067_2

ここまでの作業は問題なく完了しました。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

あとは、実際に使ってみるだけです。

あだ、交換してから、約8時間しか経ってませんが、問題なく使えてます。


すっごく速くなったので、メモリを増やして良かったと、素直に思いますヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »