« 2016年5月5日は「林檎の湯屋おぶ〜」で糸鋸寿司 | トップページ | 糸操り人形に挑戦 »

2016年5月15日 (日)

信州リンゴ

信州の動物をリンゴの中に表現した組木作品です。

カモシカ、ツキノワグマ、ライチョウ、キソウマ

販売ページはこちら→http://narukari.ocnk.net/product/101

|

« 2016年5月5日は「林檎の湯屋おぶ〜」で糸鋸寿司 | トップページ | 糸操り人形に挑戦 »

作品」カテゴリの記事

コメント

僕はまだ中学校ですがナルカリさんみたいな木工作家になるにはどんな学校に行けばなれるのか教えて下さい。

投稿: Hitaaosh.@/Jya4806hgt | 2016年6月 1日 (水) 14時16分

Hitaaosh.@/Jya4806hgtさん
こんにちは。ナルカリです。お返事遅くなりごめんなさい。

「僕はまだ中学校ですがナルカリさんみたいな木工作家になるにはどんな学校に行けばなれるのか教えて下さい。」との質問ですね☆

そうですね。自分の場合は、高校卒業後は大阪芸術大学で絵とか木版画をやってました。27歳のときに、長野県上松技術専門校で木工(家具)の勉強をしました。

自分の場合は芸術という側面と、木工技術という側面の両方を取り入れた作品作りを目指しています。自分の作品作りには、その両方が必要だとも思っていますよ。

糸ノコは独学です。27歳くらいからはじめました。これは、学校に行かなくても機械があればできます。あとは自分が好きで作りたいという衝動があれば、とにかく作ってみることだと思います。

どのような学校に行くかというよりは、自分は何を作りたいか。そのためには何が必要かを考えてみるのもいいかもしれません。

人の気持は年齢によっても変化します。今、やりたいことが、将来やりたいことになるかはわかりません。ですが、今、もし時間があれば、とにかく、作ってみることかもしれません。

芸術大学、職業訓練校。あるいは美術系、木工の専門学校、そのいずれかに進学ができるのなら、まずは、そこを目指してみるのも良いかもしれませんよ!!高校でも、専門的に工芸が学べる学校もあるようです。

投稿: ナルカリ | 2016年6月 4日 (土) 10時44分

ナルカリさんありがとうございます。進路について分からない事があったのですが詳しく教えてもらってよく分かりました。僕、頑張ってみます。

投稿: Hitaaosh.@/Jya4806hgt | 2016年6月 5日 (日) 14時19分

Hitaaosh.@/Jya4806hgtさん。

いろいろと悩んだり、考えたりする時間を経て、答えは自ずと出てくるものだと思います。また、何か木工や木のおもちゃについてわからないことがあれば、ご質問ください。

投稿: ナルカリ | 2016年6月 8日 (水) 03時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501984/63635317

この記事へのトラックバック一覧です: 信州リンゴ:

« 2016年5月5日は「林檎の湯屋おぶ〜」で糸鋸寿司 | トップページ | 糸操り人形に挑戦 »