« 小さい犬 | トップページ | 気楽さも、その極みにあるものも »

2014年7月29日 (火)

糸ノコしりとり

電動糸ノコ芸を進化させる難しさに直面しています。
同じ施設で行う3回目のオープニングにおける電動糸ノコショーですが、子供たちもそろそろ飽きたんじゃないかと思って、今回は着物姿の落語家風の糸鋸寄席を行おうと思っていますが、そのネタを考え中。
「糸ノコしりとり」というのを考えました。例えば、まず自分が糸ノコでリスを切り抜いたとします。お客さんはそれをリスであるかどうかを当てます。当たれば、それがリスで正解です。次はリスのスでお客さんがスルメイカと言ったとします。自分はスルメイカのカから連想するもの糸ノコで切り抜きます。例えばカエルを切り抜きます。お客さんがそれがカエルとわかれば正解です。

|

« 小さい犬 | トップページ | 気楽さも、その極みにあるものも »

イベント ショー」カテゴリの記事

コメント

箱にいろんな動物など入れて手探りゲームみたいにして子供達が当てるともらえるみたいなのはどうですかdelicious

投稿: 夏美 | 2014年7月30日 (水) 13時42分

夏美さま。それも一つの遊びとして、やってみても良いですね(^^)
子供たちとやりとりしながら、いろいろと試してみたいと思います。アドバイスありがとうございますo(*^▽^*)o

投稿: | 2014年7月30日 (水) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501984/60064283

この記事へのトラックバック一覧です: 糸ノコしりとり:

« 小さい犬 | トップページ | 気楽さも、その極みにあるものも »