« 自分の中で考えること | トップページ | 切り抜き細工で出来ることは、まだまだあるのです »

2013年11月 6日 (水)

注文の看板の額縁に糸ノコ工房らしい継ぎ手を選択しました。

_0526露出がかなり暗い感じで撮ったのですが、継ぎ手です。

電動糸ノコで、それぞれを切り抜いて合わせた物で、ジグゾーパズルみたいにはめ込んでいます。

これは、今、ご注文いただいている看板の枠の部分になります

このような箇所は、だいたは留め継ぎが多いと思いますが、敢えて、糸ノコ木工に強い工房として、このような継ぎ手を選びました。

と、言うか、留め継ぎが苦手ってのもあるんです。

留なら、うちよりももっと上手い工房があるだろうし。

これは額縁なのこのジグゾーパズルみたいな継ぎ手は4カ所となります。露出が暗いからわかりにくいですが、いくつかの箇所は若干の隙間は出ています。

まあ、それでも、見た目には奇麗にはまっています。

この継ぎ手の方がナルカリクラフトらしいですね〜☆

明るいところで見ると、こんな感じです。

_0534

|

« 自分の中で考えること | トップページ | 切り抜き細工で出来ることは、まだまだあるのです »

糸ノコで独立する方法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501984/58528276

この記事へのトラックバック一覧です: 注文の看板の額縁に糸ノコ工房らしい継ぎ手を選択しました。:

« 自分の中で考えること | トップページ | 切り抜き細工で出来ることは、まだまだあるのです »