« 悩み | トップページ | 3時はらららで糸ノコおもちゃコンテストの宣伝 »

2012年9月19日 (水)

小説を読む

沼田まほかるさんの「九月が永遠に続けば」を読みました。
アマゾンのレビューでは賛否両論ありましたが、僕にはかなり面白い作品でした。

さて、ここのところ小説にはまってしまって、仕事ほったらかして読みふけってしまうことがあるので、そのような日常を修正した方が良いのかどうかなって思うことがあります。

小説なんて空想の世界だなって思って、そんなもの読むよりも現実を楽しみ、本を読むにしても、誰かの伝記的な記述を書いた物を読むことばかりでしたが、小説がこんなに面白いなんて思ってもいなかった。


|

« 悩み | トップページ | 3時はらららで糸ノコおもちゃコンテストの宣伝 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501984/55694120

この記事へのトラックバック一覧です: 小説を読む:

« 悩み | トップページ | 3時はらららで糸ノコおもちゃコンテストの宣伝 »