« ぺちゃくちゃないとを終えて | トップページ | 糸鋸寄席計画。 »

2008年12月 8日 (月)

「電動糸ノコの新しい世界」〜「ぺちゃくちゃないと」回想〜

Photoみなさんは電動糸鋸をご存知でしょうか?小学校や中学校で一度くらいはやったことがある人もいるのではないでしょうか?

電動糸ノコがあれば木を自由自在に切ることができます。

電動糸ノコがあれば木のおもちゃを作ることができます。

Photo_2電動糸ノコがあれば赤ちゃんをおぶったお母さんでも木工を楽しめます。

電動糸ノコがあれば子供達に木の面白さを伝えることができます。

電動糸ノコがあれば大好きなあの人にプレゼントを作ることができます。

電動糸ノコがあれば木のおもちゃ作家にもなれるんです。

Photo_3これは私がデザインした木のおもちゃです。これも電動糸ノコを使って作っています。

木のおもちゃは赤ちゃんに与えるおもちゃとして非常に人気があります。

もちろん赤ちゃんだけでなく大人にも人気があります。癒されるんですね。

Photo_4可愛いだけでなく、このようにシュールなものも作ることができます。

これは内臓パズルです。このようなものも木で作ればちょっとしたインテリアにもなるんですね。

このように電動糸ノコがあれば様々なものを作ることができるんです。

ある日私は、こう思いました。

もっと電動糸鋸を使って違う表現ができないかと。

Photo_5作った作品だけでなく
作っている様子を、もっと、面白おかしく見せることはできないかと。

糸のこを使っている様子を他の何かに例えるとなんだろう。

そう考えました。

そして2005年にあみ出しました。

こちら

Photo_6糸鋸寿司!!

お寿司屋さん。

しかし、糸のこのお寿司屋さん。

なんじゃこりゃ??

と思ってくれたらありがたい。

「へい、いらっしゃい!なんにしましょう?」
「まぐろ」
「へい、まぐろ一丁!!」
「ががががが、ががががが」
「へい、まぐろでございます」
「次、なんにしましょう」

こんな具合です。

お寿司屋さん風電動糸のこ切り抜き細工

名付けて糸鋸寿司

恐竜や動物をあなたのリクエストで切りぬきます。

Photo_7これは大変人気が出ました。

たくさんのイベントに呼んでいただきました。

今でも人気があります。

しかし、糸鋸寿司を超える物を作らなければならないと思いました。

留まっては行けない。

Photo_8クリエイターは留まってはいけないのです。

もっと若い人達に糸のこの面白さを伝えたい。そう思いました。

若い人達は何が好きだろう?

そう考えます。

占いがすきだなあ。

占い?

占い。

Photo_9糸のこ占いです。

切りぬいた動物であなたの恋を占います。

女装して糸のこ占い師に扮してみました。

微妙なものになりました。

今ではお蔵入りです。

Photo_10漫画も書きました。

糸のこ漫画です。

漫画は大人から子供まで非常に人気があります。

漫画が原作となった映画やドラマはたくさんあります。

漫画を描けばいずれは映画化

そう思いました。

これは、その漫画の一部です。

この仕事を子供達の憧れの職業にしたい。

そう願います。

漫画ならそれを可能にしてくれるのかもしれません。

糸のこ映画のスタートは

この漫画からはじまるのかもしれません。

Photo_11糸のこロックンロールバンドの結成です。

電動糸鋸で動物を切りぬきながら歌を歌うバンド

糸のこロックンロールバンド。

糸のこロックンロールバンドがやってきた
おまえの街にとうとうやってきた
俺の切りぬくもので
しびれさせるぜ君を
糸のこロックで幸せ掴むのさ
イエイ!!

Photo_12電動糸のこと音楽とダンスのコラボレーション。糸のこロックンロールバンド!!

昨年度はたくさんのイベントに出演しました。

Photo_13どれだけ小さなものが作れるかにもチャレンジしました。

ギネスにも挑戦したいとも考えました。

クリエイターは留まってはいけません。

常に新しいものを生み出す、それがクリエイターです。

私の身体にもその気持ちは染み付いています。

Photo_14「糸のこニュースをお伝えします。長野県木曽郡木祖村のスタジオナルカリでは電動糸鋸の新しい可能性を探るべく、日々、研究が行われています。スタジオナルカリ代表Dr.ナルカリは、これを糸のこ表現、糸のこ芸術、糸のこエンターテインメントと称し、日々、挑戦を続けている模様です。」

Photo_15大道芸にも挑戦しました。
「おまえがゾウさんを撃ち落とすのが速いか。俺がゾウさんを切りぬくのが速いか、さあ勝負だ!!」

お客様参加型のイベントです。

このショーが面白いか面白く無いかは別として
物がもらえるということで、たくさんの子供達が群がってきます。

物で釣る

それも糸のこエンターテインメント

Photo_16最近、お化け屋敷がやりたくて仕方ありません。

週末の夜にお化けショーなんかいかがでしょうか?

これは山口つとむ君と言って、内臓ひとつひとつが楽器になっています。

このような恐怖ものを作ることを私は実験と呼ぶようにしました。

糸のこ実験室です。

Photo_17左から糸鋸キリコ、苅田成美、山本ローズ鈴子、我がスタジオナルカリの専属タレントです。

本日、今夜、この時間

今でも私は模索しています。

糸鋸寿司を超える物は何かと

新しい糸のこ表現とは何かと

Photo_18アフリカのサバンナで動物達に糸のこテクニックを見せたら面白いだろうかとか、空中で糸のこショーをやったら面白いだろうかとか、

上手くマスコミが飛びついて来たら良いのですが。。。

Photo_19ある日私は木のマスクを見つけました。

昔、作った木のマスクです。

被ってみました。

これを被れば、私は違う人物になれるのでしょうか。

これを被って糸のこダンスを踊ったら面白いのだろうか

やってみなければ面白いか面白く無いかなんてわかりません。

私は魔人になってみようと思いました。

Photo_20糸のこ魔人です。

魔人になれば、この世界の向こう側を見ることができるのでしょうか

電動糸ノコは、ただ、木をきるだけの機械ではありません。

使う人間によって大きく意味が変わるのです。

糸のこエンターテインメント!!

ありがとうございました

|

« ぺちゃくちゃないとを終えて | トップページ | 糸鋸寄席計画。 »

イベント ショー」カテゴリの記事

コメント

同じように フリーカットで
糸鋸寿司をされてるのを見て
嬉しくなりました
デホルメしたかわいいのがやっぱり
いいですね
たまにおとなびった小学生が
「おじさんすごいね どのくらいやってるの」
なんて無いですか
お姉さまがたはたいがい「かわいい」の連発でしょ

「かわいい」「すごい」に気を良くして
クラフト展などで 切抜きを配ってます
子ども達はいろいろ切ると全部欲しいので
ねこ・ネコ・NEKO・・・・同じ物切ってます
お腹の大きい方には子猫を添えて「安産を」
カップルには寄り添った2匹を
「かわいい」には「私がかわいい?」
「すごい」には「そうなんです 私はすごいんですよ」腕まくりして見せて
謙遜止めて 調子に乗って・・・・その方が笑ってくれます


あまり色々の形が頭に入ってないのですが
今年の舞鶴クラフトでは2日間で
約1200匹(9mmシナ合板2枚重ねで)
切りっぱなしでした
(すみません自慢するつもりじゃなくて
同類が大阪にも居ますよって云いたくて)

同じように これからどう進化させようか
悩みながら やってます
(半分相手の顔見ながら切ったり
 相手の希望する表情を意識したり)
簡単パズル・フリー文字などにも挑戦してます
良い仕事しましょう

投稿: GooWooD | 2008年12月15日 (月) 19時17分

Godwoodさん。ブログ見せていただきました!!
すごい丁寧な仕事をしてびっくりしましたo(*^▽^*)o
GodWoodさんを知らなかったなんて、改めて自分の視野の狭さ感じます。
同じような手法を撮られている方がいるのを知って、自分ももっとがんばらないといけないなあって、刺激になります(*^-^)
実は僕は大阪出身ですよ。高槻市です。
どこかでお会いすることがあるかもしれませんね。そのときはよろしくお願いします。

糸鋸以外のブログも書いていますが、また、遊びに来てくださいね!!
(*゚▽゚)ノ

ちょこちょこブログも見させていただきますね〜。


投稿: ナルカリ | 2008年12月15日 (月) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501984/43355044

この記事へのトラックバック一覧です: 「電動糸ノコの新しい世界」〜「ぺちゃくちゃないと」回想〜:

» 絶望的な別れから復縁する唯一の方法 [復縁 | 口コミ評価2008.com]
もし、あなたがお金と時間と手間をかけず、復縁する方法をお探しであれば、このホームページはお役に立てます。なぜなら、高額な費用がかかる業者を一切利用せず、自分で別れてしまった相手と復縁できる、あまりにも効果的な、ある方法をお伝えするからです。まずは、その「ある方法」を実践した方たちの声をご覧下さい。 ... [続きを読む]

受信: 2008年12月 9日 (火) 11時50分

« ぺちゃくちゃないとを終えて | トップページ | 糸鋸寄席計画。 »