2017年9月19日 (火)

乗鞍岳・剣ヶ峰登山

9月19日乗鞍岳の剣ヶ峰(3026メートル)山頂に行ってきました。今日は一人です。

20年近く前に、2度ほど乗鞍岳の畳平には行ったことがあり、確か、近くにある峰には登ったことがあったと思いますが、剣ヶ峰山頂に行ったのは初めてです。

天気予報では晴れとなっていましたが、朝、起きると曇っており「あれ?」

ですが、自動車で向かっている途中に空が晴れてきた。天気予報は当たるなあ〜〜。

乗鞍観光センターからバスに乗ります。往復で2500円。

9:00発に乗ります。バスは、だいたい1時間おきに出るようです。
駐車場も、まあまあ停まっておりました。

P9190779

向こうに見えるのが、乗鞍岳です。

P9190784

バスは二台出ました。1台目に乗りましたが満車です。満車の時は2台出るのかと思われます。なので、さほど並ばなくても良いかと思います。

バスは50分くらいで終点の畳平に到着します。

P9190787


バスを降りると寒くてウィンドブレーカーを上に着ました。ちなみに、Tシャツの上に長袖のシャツ、その上にエインドブレーカーを羽織ってます。

売店でトイレ。トイレは100円です。

すぐに剣ヶ峰を目指そうと思いましたが、その方向がわからず、少しだけ探しました。看板の地図を見て、なんとなく把握できました。

10:20分くらいにバス停付近を出発。

剣ヶ峰に向かう途中に富士見岳があるので、そちらを登ってから剣ヶ峰を目指すことに。分岐から、およそ20分くらいかかります。軽く足慣らしです。

P9190792

富士見岳(2818メートル)10:39分

P9190796

富士見岳を降りて砂利道を歩き、しばらくすると「肩の小屋」の到着。
剣ヶ峰口10:57


P9190798

ここから山道となりますよ。普通の靴で来ている方もいましたが、大きな石がゴロゴロしている登りになります。

P9190801

P9190803

このあたりから冷たい風がゴーゴーと吹き出し、少し寒くなりハードシェルに着替えました。

P9190805

乗鞍岳には火山湖?(池)がいっぱいあります。

11:46剣ヶ峰山頂

P9190812

天気が絶好調だったので、御嶽山、穂高連峰などが綺麗に見えた!!

カバンを下ろしておにぎり二個の昼食です。
のんびり40分くらい景色を堪能しました。

P9190807

P9190808

P9190809

P9190810

P9190811

鳥居を格好良く撮りたかったど、人が多くて、、、。


12:28分山頂から下山開始

13:15分頃畳平に到着

14:05のバスに乗り、乗鞍観光センターには15:00くらいに着きました。

畳平の時点で森林限界を超えているので、剣ヶ峰への登りは、山頂や山肌が見えるところを登るので気分的にも体力的にも楽です。

八ヶ岳の天狗岳・硫黄岳と比較すると、半分くらいか3分の1くらいの体力で登ることができます。

ですが、バスを降りると畳平から景色が開けているので、お弁当びらきやトレッキングとしては最適なコースだと思います。だ、バス代金がかかってしまうので予算は使いますね。

乗鞍観光センター9:00→畳平10:20→富士見岳10:39→肩の小屋10:57→剣ヶ峰山頂11:46→ 畳平13:15→乗鞍観光センター15:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

木の人形アニメの特設サイトを制作しました。

木の人形アニメの特設サイトを制作しました。
新作の「MIRACLE TOYS THE BAR 君に会いたくて」のキャストの紹介などもあり、楽しんでいただければと思います。
http://narukari.com/miracle_toys/index.html

20170912_221211

20170912_221111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

ダンケルクを観た

久しぶりに映画館で映画観た。
ダンケルク→映画予告編


クリストファー・ノーラン監督
この監督の映画「ダークナイト」と「インターステラー」はすごい映画だ。

戦争映画が見たいってわけではないのだけど、映画のWebページ読ん出たら見たくなった。

なんてったって「ダークナイト」と「インターステラー」の監督なんだからと思ったからだ。

今回、ダンケルクを見て思い出したのは「ダークナイト」の音楽
音楽の製作者については調べてないが、緊迫感を与えるような重たい音の曲が、この監督の好みなのだと感じる。

映画は、逃げるってことや、救うってことだけの内容なんだけど、引き込まれ、夢中になった。まるで、自分がその中にいるように。

やはり、映画っていうのは、こういうことだ。過去の作品を追尾するのではなく、新たな映像を探ることってのが必要だ。

刺激になった。

だけど、やっぱり「ダークナイト」や「インターステラー」の方が面白かった。好みもあるからね。

俺も次回作を撮らないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 5日 (火)

硫黄岳2760メートル

硫黄岳登山。2017年9月4日

2週連続で八ヶ岳の登山です。今回は硫黄岳。妻と二人です。
予定より1時間遅れで登山口に到着。
諏訪インターを降りてから、この日は通勤ラッシュの渋滞にはまり、少し時間がかかりました。

尖石遺跡の博物館の前を過ぎへしばらく自動車を走らせると、夏沢鉱泉とオレーレン小屋への分岐があります。そこからオーレン小屋方面に20分くらい車を走らせるのですが、この林道は凸凹が多く、普通車だと慎重に走らせないと自動車の底が地面に当たってしまいます。

8時15分頃一番上の駐車場はすでにいっぱいだったため、中駐車場まで戻りました。ここは、まだ空いていた。

Pic_0052

登山道入口8時45分

自動車用のゲートがあります。しばらくは林道となり、工事車両や関係者車両は夏沢鉱泉まで自動車で行けるようです。

Pic_0055

しばらく整備された林道を歩きます。

Pic_0056

9時20分夏澤鉱泉。ここから山道らしくなってきます。

Pic_0058

心地よい沢の横を歩いていきます。

Pic_0059

10時07分。オーレン小屋に到着。トイレを借りましたが、建物の中もトイレもとても綺麗です。トイレは100円です。

Pic_0060

少し休憩して、夏沢峠方面に向かいます。

Pic_0064

Pic_0063

10時44分。ヒュッテ夏沢。ここで天狗岳方面と硫黄岳方面の分岐となります。硫黄岳方面に進みます。

Pic_0068

ここを登ると硫黄岳に着きます。

Pic_0069

ガスガスです。

Pic_0076

晴れ間が出てきました。天気予報は当たりますね。

Pic_0077

後ろに、先週登った天狗岳が見えます。

Pic_0082

爆裂火口を左手に見ながら登ります。

Pic_0084

12時00分。硫黄岳の山頂付近に到着

Pic_0088

横岳、阿弥陀岳が見えます。今回撮影カメラはビデオカメラでのカメラ機能を使って撮ったので、今ひとつ綺麗な写真が撮れません。
後ろに見えるのが赤岳です。八田岳の最高峰隣ます。その左の横岳が格好良かったのですが、画像に入ってませんでした。残念(笑)

Pic_0091

12時45分:休憩も十分に取ったので赤岩の頭方面から下山します。

Pic_0093

硫黄岳から横岳への稜線。まるで万里の長城を思わせる。


Pic_0103_2

Pic_0104

このような感じの下りです。

14時30分頃、駐車場の到着。

河童の湯で汗を流してから帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

木の人形アニメ「MIRACLE TOYS THE BAR 君に会いたくて」が「きりゅうアワード2017」にてノミネート

今年の6月末にできた木の人形アニメ映画「MIRACLE TOYS THE BAR 君に会いたくて」が群馬県桐生市で行われる「きりゅう映画祭、きりゅうアワード2017(映画のコンペ)」のノミネート作品として選出いただきました。

2017年10月7日の「きりゅうアワード」にて7つのノミネート作品上映後に各賞の発表となります。大賞、観客賞の2点

自分では、もう、すでに何百回と観たのですが、見るたびに技術的な面のマイナス部分が目に入ってしまいます。次回作は、技術的な部分の完成度を上げることも一つの課題であると感じています。また、17分という長さですが、見るたびに退屈を感じてしまいます。退屈しないストーリー展開を磨かなければなりません。

きりゅう映画祭

ぜひ、皆さんも10月7日、8日のきりゅう映画祭に足を運んでみてはいかがでしょうか?ナルカリ製作の映画「MIRACLE TOYS THE BAR 君に会いたくて」を大画面で見るチャンスですよ。

「MIRACLE TOYS THE BAR 君に会いたくて」
監督:草刈成雄(ナルカリ)
愛する人を事故で失った男が、ある日、木の馬の人形になり、木のおもちゃの世界に迷い込んだ。木の世界の奇妙な住人達と木の人形になった男が繰り広げる、木のおもちゃバーの切ない愛と願望の物語。
Toys2_bar_46_0018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のニュースから

教育や愛情のためのビンタよりも集団や報道による精神的なイジメの方が罪が重いかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

天狗岳登山2017年8月28日(月)

天狗岳登山です。
今回は一人で行きました。

唐沢鉱泉(7:00)→西天狗(10:10)→東天狗(10:40)→天狗の奥庭→黒百合ヒュッテ(11:30)→唐沢鉱泉(13:30)

自宅を5時くらいを自動車で出発して、何らかんらで、調度予定していた7:00頃唐沢鉱泉に着。
天気予報では曇りとなっていたので、もしかしたら景色も楽しめないかと思いつつも、いざ出発。
P8280664
唐沢鉱泉には無料駐車場とトイレがあり、少し上に上がると登山口。

P8280667
こんな感じの森を登って行きます。比較的緩やかな登り。

P8280685
第一展望台8:10
景色が見えるとホッとしますね。

P8280686
第二展望台を経て、西天狗を目指す。

P8280701
こんな岩場を登って西天狗の頂上を目指します。さほど危険あ箇所なし。のんびり登れば楽しい登りだよ。

P8280704
西天狗着10:10頃 予定より早く着いた。天気もまあまあ、ラッキー

P8280709
東天狗を目指すが、、、。

P8280711
東天狗への登り出す途中で、何と、急な風と共にガスが発生。気温も下がり、景色が見えなくなってきましたよ〜〜。

東天狗で休憩30分の予定でしたが、寒くなってたし、風も不安だから、すぐに退散しすりばち池のある天狗の奥庭を目指す。下山。

P8280720
歩いていると、少しは天候回復。でも天狗岳の方を見るとガスで白い。たばん、もう今日は天狗はあんな感じだろうなと思う。

P8280728
黒百合ヒュッテが見えた

日頃の運動不足からか、膝が痛くて、体力低迷。悲しい。
早く下山したいと思う。
11:30

黒百合ヒュッテで10分ほど休憩したのち、すぐに唐沢鉱泉を目指す。もう早降りて温泉入リたい願望。

一人登山は、会話もなく、休憩も少なくなりがち。

唐沢鉱泉までの道中。特に渋の湯との分岐を過ぎたあたりからの苔がすごい。北八ヶ岳の苔は前回「にゅう」登山の時に感じたが、素晴らしいものである。
「もののけ姫」の世界。たまらん。圧倒される。

P8280738
下山では左手となる方向の苔がたまらん

P8280744
苔アップ

P8280745
ここの景色が一番好きだった。もののけの森だわ

P8280748
キノコがやたらと生えていたが、このキノコが本日のナンバーワン

P8280759
下山。この美しさにホッとする。

唐沢鉱泉で温泉(700円)に入る。すれ違った登山者が数名。情緒のある秘湯。

おばちゃんが元気で、アットホームな雰囲気。
八ヶ岳高原アシルクリーム(300円)を買って、食堂で食べさせてもらう。

ガスの発生もあり、予定していた休憩時間を取れなかったのが残念なところ。
頂上でもっとゆっくりとしたかったのが本音。

でも西天狗で十分な景色を楽しめたのでラッキー。

次は硫黄岳かな(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

先日のラジオ出演について

先日、ラジオ出演をしました。NHKの「ごごラジ!」という番組です。 

スタジオに電動糸ノコを持ち込み、糸鋸寿司や糸鋸ロックをやったり(歌も歌った)糸のこ木工についてのお話をしたり45分近くの生放送でしたよ。

特にラジオドラマは楽しかったぞ!!

パーソナリティやアナウンサー、スッタフの皆さんが優しくて、とても楽しい時間を過ごしました。

その関連ブログは↓のリンクをクリックしてください。
「ごごラジ!ブログ」で、その放送の模様などが掲載されています。

http://www.nhk.or.jp/gogoradi-blog/200/275967.html

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

ナルカリ

もはや、木工をやっていると言うよりは、木を使ってナルカリをやっているのかと思います。木は同志であり、家族のようなものだと考えてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

役割

今の世は、思ったことを声に発する人が少なくなってきている気がする。
声に発すのじゃなくて、文章にしてインターネットでSNSに投稿する。

それを見ていると
ラジオやテレビの持つ役割は大事なんだなって思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«表現について