2017年2月16日 (木)

善五郎の滝

自宅から約1時間15分くらいのところにあります。
乗鞍高原です。

トレッキングをするようになってから、このような滝があることを知りました。これは行ってみたいと思って、今回はちょうど、仕事が休みで家に帰ってきてた長男を誘って一緒に行きました。

P2130348




長野県では、このような景色は結構見ることができるのですが、これを氷瀑というらしいですね。ここの氷瀑は見事でした。

P2130351

歩くには短い距離でしたが、このような光景はなかなか見れないので、来てよかった。長野に移り住んで22年くらいになりますが、このような氷瀑は初めてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

鷲ヶ峰スノーシュー&カンジキ

久々に歩いてきました。

今回はスノーシューでの遊歩道山歩き

八島ヶ原湿原入り口から鷲ヶ峰山頂へのちょっとしたハイキングです。往復2時間の雪山歩きとなります。

秋に八島ヶ原湿原から車山肩まで歩いて一周したことがあり、今回は違うコース。軽い登山的な感じです。

実際はスノーシューがなくても軽アイゼンくらいがちょうど良いのかな?よくわかりませんが、遊びに来ていた他の人たちも皆スノーシューを履いていました。


Kimg1391

スノーシューと言っても、私はカンジキです。

Kimg1401  

このカンジキは7、8年くらい前のカンジキ作り体験教室で作ったものです。履くのは2回目となります。紐の結び方を忘れてしまい、結ぶのに少し手こずりましたが、なんとか自己流で結んで、うまくいきました。

Kimg1402

これは買ったばかりのスノーシュー。妻に履いてもらいました。比較的安価なものですが、十分用が足ります。

DOPPELGANGER OUTDOOR アルミ合金スノーシュー キャリーバッグ付属 【バランスの良い25inch】 SW-10B



奥に富士山が見えます。
実際は画像よりも綺麗に見えました。

Kimg1406_2

天気も良くて、比較的暖かかった。風が強い時もありましたが、特に問題なし。

Kimg1400

樹氷

Kimg1399

とにかく楽しかったです。

自分たちにはこれくらいのコースが調度良いのかも。また、軽く歩けるコースを見つけて、行ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

撮影再開

ミラクルトイ「THE BAR」の撮影を再開しました。
工房横ショップに設置していたセットを自宅に移したことで、撮影再開となりました。

スタジオ建設も夢見ましたが、予算のことを考えると停滞してしまい、このままだと意欲が薄れてしまいそうでした。

簡単なことです。今、できる範囲で全力を尽くすことでいいんです。

1486193345179.jpg

少し寝不足気味になってしまいます。

基本、撮影は工房から自宅に帰って、夕食を食べてからになります。

結構、順調に進みました。

1486193346248.jpg

1486193346848.jpg


1486193347464.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

娯楽を作る。

映画やドラマを見ていて、その映画やドラマから何を感じて、どういう効果があって、どういう意味があるのだろうて考えることがある。 空想のストーリーに何の意味があって、何を求めているんだろうとか。映画を見ているときは感動して、その映画の主人公の気持ちに寄り添ったりしているんだけど、映画館から一歩外へ出て、スーパーでも買い物をしている間に、ほとんど内容も飛んでいっちゃって、だったら、そこに何の意味があったんだろうって。
まあ、いろいろ考える。娯楽という言葉で片付けてしまえばそれだけだ。ある意味、人生そのものも娯楽なのかもしれないじゃない。 いや、人は生きるために生きている。 全てが生きるために生きているのだとすれば、娯楽は生きるためにある。 なくてもきっと構わないんだろうけど、それがないとバランスが悪くなって生きにくくなる。 だから、そこに意味を求めてはダメなのかもしれない。 自分も作りたいから作る。 それで、良いのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月22日 (日)

新しい木の表現を求めて

断捨離のような考え方が社会の中で広がってます。また、自分も余計な物は持たないでおこうという気持ちにもなっています(その反面、Amazonと睨めっこしている日々もございますが、、、)。 糸ノコショーのようなパフォーマンスや木の人形のコマ撮り映像もですが、作った物を販売することだけでなく、作っている様子や作られた物を利用して、新たな木のマーケットや表現をしていきたいと考えるようになりました。 自ら楽器を作って演奏している人も、僕の中では同じ方向性にも感じます。 正直、木の物を作ることは手間暇がかかり、その割には利益を生み出せない。良いものを作るためには金銭的な余裕も欲しい。 だったら、作ったものを売るよりも、作っている様子や作った物を使って仕事をするべきだと思うのです。 ですが、それも、なかなか仕事にしにくいのも事実ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月18日 (水)

釣り猫

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水)

ままごと用の「きゅうす」と「湯呑み」

お客様のご依頼で製作した「きゅうす」と「湯呑み」です。

うまくできるかどうか不安の中で、一気に作り上げました。

正直、湯呑みの方が難しかった。

喜んでもらえたら、いいなあ、

お孫さんにプレゼントするようです。

P1110145

P1110151

P1110147

P1110152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 8日 (日)

ガイコツパズル

商品の宣伝です!!

ただいま、ネット販売しております。
早いもの勝ち!!

http://narukari.ocnk.net/product/114

P1060286

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 7日 (土)

次なるナルカリワールドへ!!

昨年の12月24日、27日、今年の1月5日(未確認)にNHKのニュースでナルカリの作品、糸鋸寿司や電動糸ノコパフォーマンスのことを、取り上げていただきました。

今回は特に、パフォーマンスの部分をピックアップしていただきました。

テレビには、今まで、十数回は紹介していただきまいたが、今回のNHKは自分の中では、とてもありがたい出演となったと感じています。

その大きな要因として、ディレクターの人が僕のやっていることを、絶賛してくれて認めていただいたことにあると思います。

ああ、自分のやっていることを喜んでくれている人がいて、褒めていただいて、そのことで、自分の中でくすんでいた何かに水を与えられたような、そんな感覚なのかもしれません。

また、自分は、最近、自身がテレビに映るところを見るのが苦手になっておりました(テレビに出たり、人前でパフォーマンスするのは嫌いじゃない)。

その理由は、出ている自分の容姿がどうも好きに慣れない。あんまり、格好良くないし、周りにどう思われているんだろうという自信のなさからだと思います。

そういう中で、嬉しかったことがあります。妻が勤めている病院の患者さんが、普段はあまり話しかけてこないようなのですが、うちの妻に「ナルカリさん、テレビでてたね。元気が出た。自分も元気出して、頑張るぞ!!」みたいなことを言われたらしいんです。

自分の電動糸ノコ芸で誰かが元気を出してくれたと思ったら、こうやってテレビを通じて元気になってくれた人がいるというだけで、今回のテレビ出演は自分に取っては大きな意味があったんだと感じれます。

自分に興味を持って連絡を取ってくれたディレクター、そして、うちをテレビ番組に取り上げてくれた局のスタッフに、また、番組を観てくれて連絡をくれて、自分に力を与えてくれた皆様には、本当に感謝です。

これらの経験や結果を自分のものとして、次なるナルカリワールドの一歩を、また踏み出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月31日 (土)

2016年ありがとうございました!!

2016年。ナルカリクラフトは「作る」ということを今まで以上に意識してきた年だったような気がします。
定番製品においても、より完成度を上げるように意識してきました。 それは20年の経験を経て生まれてきたものでもありますが、ナルカリクラフトスタッフの製品にこだわる意識に引っ張られていったものと言えます。 自分一人では、ここまで成長できなかったでしょう。
糸鋸寿司のようなスピードを要求されるパフォーマンスの中でも、いかに速く綺麗に作るかも課題となりました。 荒削りな制作スタイルだった自分に「作る」ことへのこだわりや、また考え方が少しずつ変化してきているのかもしれません。 毎日が勉強です。 毎日が変化です。 まだまだ未熟ですが、今の自分でできる精一杯で作れるように、日々を進んで行きたいと思っています。 2016年、ナルカリクラフトに関わってくれた皆様、見てくれた皆様。応援してくれた皆様。本当にお世話になりました。ありがとうございました!! Pc310053 Pc010101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«年末